「BTS(防弾少年団)」のSUGA、「第35回ゴールデンディスクアワード」で復帰「忘れられそうになった」と元気な姿を見せる

Wow!Korea / 2021年1月9日 20時27分

「BTS(防弾少年団)」のSUGA、「第35回ゴールデンディスクアワード」で復帰「忘れられそうになった」と元気な姿を見せる(画像提供:wowkorea)

ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」とソロ歌手のIUがデジタル音源本賞の“ベストデジタルソング”の主人公になった。

9日午後に行われた「第35回ゴールデンディスクアワード」でIUと「BTS」はベストデジタルソング賞を受賞した。

IUは「昨年1年間、さまざまな音源作業をしたが、1年中聞いてくださったリスナーに感謝する」とし、「今年ニューアルバムを準備中だ。懸命に臨んでいるので期待してほしい。今年も頑張るIUになる」と述べた。

「BTS」は「音源部門で招待されるということは、どれだけ大きな光栄だろうか。以前は音源部門を見物だけしていたが、今年は本賞をいただいた」と述べた。そして肩の負傷後、久しぶりに姿を現したメンバーのSUGAは「僕が戻ってきた。『Dynamite』まで活動してから2か月ほど休んだが、忘れられそうになった」と冗談を飛ばし、明るい近況を知らせた。リーダーのRMは「僕たちの楽曲が皆さんに慰めになればそれだけでも感謝する」と述べた。

一方、「ゴールデンディスクアワード」は1986年の第1回を皮切りに35年間続いている。韓国での放送はJTBC、JTBC2、JTBC4で生中継された。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング