「CIX」、「Hello, Strange Dream」発売…新コンセプトで完成した世界観

Wow!Korea / 2021年2月3日 7時30分

「CIX」が音楽スペクトルの拡大に乗り出す。(画像提供:OSEN)

「CIX」が音楽スペクトルの拡大に乗り出す。

「CIX」は2日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて「4th EP Album HELLO ChapterØ‘Hello, Strange Dream’」を発売した。

今回の新譜は「CIX」が広げてきた「HELLO」シリーズの前日譚であり、有終の美を飾るアルバムと予告されて注目されている。以前のアルバムでBXの「火の地獄」、ヒョンソクの「水地獄」、スンフンの「砂漠地獄」、ぺ・ジニョンの「氷地獄」、ヨンヒの「木地獄」など独特の世界観を見せてくれただけに、新しいアルバムでどんな姿を見せるのか関心が高まっている。

新譜にはタイトル曲「Cinema」から24人組リアルオーケストラサウンドが詰まった「Stairway To Heaven」、「CIX」のボーカルとラップ、アカペラが一団となって一風変わったムードを醸し出す「Round 2」、「CIX」のきらびやかな青春を歌ったカントリー風の「Young」、「CIX」のファンFIXに伝えるR&Bポップ曲「Everything」までの5つのトラックが含まれて「CIX」の新しい変身と成長を感じさせる。

タイトル曲「Cinema」は、すべての事件が起こる前の美しい時代の話を込めた歌だ。曲のテーマに合わせたアップテンポのリズムと軽快なメロディーで、これまでの夢幻的で強烈な音楽とは異なった「CIX」のもう一つの魅力を見せる予定だ。

また、以前のアルバムに続き、世界的なダンスクルー「Just Jerk」、ユニークな振付師チェ・ヨンジュンが再び「CIX」の振り付け制作に参加し、さらにレベルの高いパフォーマンスを期待させる。

アルバム発売とともにD-Dayポスターも公開されて注目を集めている。暖かい雰囲気で、お互いにくっついている「CIX」の多情多感な姿は、見ているだけで温かさを醸し出す。一風変わったスタイリングを試みたメンバーたちのコンセプト消化は新曲のステージへの期待感を育てる。

ユニークな世界観と質の高いパフォーマンス、完璧なビジュアルで限界のない成長を続けてきた「CIX」が新譜を通してもう一度幅を広げる見込みだ。愉快さ、ダンディーさ、可愛らしさなど多彩な魅力で重武装した「CIX」の新しい変身に関心が高まっている。

「CIX」はカムバック当日の2日午後に放送されるSBS MTV「THE SHOW」を通じてタイトル曲「Cinema」の舞台を初公開し、本格的な活動を続ける計画だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング