1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

ユチョン(元JYJ)、今度は「マカオ‐フィリピン遠征賭博」疑惑が登場=所属事務所代表が暴露

Wow!Korea / 2021年8月25日 16時27分

ユチョン(元JYJ)、今度は「マカオ‐フィリピン遠征賭博」疑惑が登場=所属事務所代表が暴露(画像提供:wowkorea)

韓国歌手兼俳優ユチョン(元JYJ)に今度は遠征賭博疑惑が登場した。

25日、韓国メディア「OSEN」によると、所属事務所リシエロ(Recielo)代表A氏は「ユチョンが過去、マカオとフィリピンで遠征賭博をしたことがある。始まりはマカオだったが、巨額を投じて失った後、フィリピンで挽回しようとした。証拠資料を持っており、捜査当局に提出する予定だ」と主張した。

報道によるとA氏はユチョンが「東方神起」を脱退してから最近まで共にしたマネジャーだとわかった。しかし最近、公式立場を通じてユチョンが日本の所属事務所と二重契約を締結し、自身に対する誹謗(ひぼう)を広めようと告訴を準備中だと明かした。

特にA氏はユチョンが遊興施設で無銭飲食をした金額約1億ウォン(約1000万円)を肩代わりし個人債務も返済したとし、「長年の義理を利用された」と悔しさを訴えたりもした。

ユチョンは日本のファンクラブを通じて「Recielo代表に関して想像すらできない衝撃的な事実を知り、これに対して釈明でも聞こうとしたが、相手とは連絡がつながらなかった」とし、法的対応を予告した。

これを受けてA氏は「わたしに連絡を取ったが、つながらなかったというユチョンの主張は受け入れがたい」とし、「むしろ、わたしはユチョンの家族同様の知人に会う機会を設けてほしいと頼んでいた状況だ」と反論した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング