1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、最終回放送を前に心境「一日一日が感動だった」

Wow!Korea / 2021年10月17日 15時13分

tvN土日ドラマ「海街チャチャチャ」のシン・ミナ、キム・ソンホ、イ・サンイが17日の最終回放送を控え、感謝のあいさつをした。(画像提供:wowkorea)

tvN土日ドラマ「海街チャチャチャ」のシン・ミナ、キム・ソンホ、イ・サンイが17日の最終回放送を控え、愛情と真心のこもった感謝のあいさつをした。

劇中、ユン・ヘジン役を通じて、特有の愛らしい魅力から繊細な感情演技まで自由自在に披露し、ロマンチック・コメディクイーンの底力を改めて証明したシン・ミナは「『海街チャチャチャ』をとても愛してくださり、感謝の気持ちだけだ。5か月間、とても楽しく撮影したので、すがすがしくも寂しいというより、名残惜しさの方が大きい。視聴者の皆さんがくださった愛の分だけ、すべてのキャスト、スタッフが良いエネルギーで頑張って撮影することができたと思う。私たちシクヘ(ユン・ヘジン+ホン・ドゥシク)カップルだけでなく、コンジンズもとても愛してくださり、感謝している」と深い愛情を表した。

続けて「ユ・ジェウォン監督、シン・ハウン作家、そしてドラマのために頑張ってくれたすべてのスタッフ、共演者すべてに感謝申し上げる。ヘジンを演じた時間が私にとっても幸せな時間として残っただけに、多くの方にもこのドラマが温かい休息になった作品として記憶されたらうれしい」と伝えた。

コンジンのヒーロー、ホン・ドゥシク役を通じて、新しい代表作を誕生させたキム・ソンホは「『海街チャチャチャ』をたくさん愛してくださり、とても感謝している。一日一日が夢のようだったし、感動だった。俳優をはじめ、すべてのスタッフの方にも、ドラマ撮影中癒された記憶が多かった。視聴者の皆さんも、このドラマと共にしながら、たくさん癒されていたらと思う。『海街チャチャチャ』を愛してくださり、心から感謝している」と明かした。

スターバラエティPDチ・ソンヒョン役を通じて、視聴者に深い印象を残したイ・サンイも感想を伝えた。「温かいコンジンで温かい人たちと共にすることができて、ありがたかった。チ・ソンヒョンとして生きられるようにしてくださったユ・ジェウォン監督、シン・ハウン作家をはじめとするすべてのスタッフの皆さんに、これまで本当にお疲れさまという言葉をこの場を借りて伝えたい。また、シン・ミナ先輩、キム・ソンホ先輩、そしてコンジンのすべてのキャストと共に演技をすることができて、本当に幸せだった。何よりも大きな愛を送ってくださった視聴者の皆さんにも感謝している」とし、「いつもお元気で」というメッセージを伝え、最後まで優しい魅力を見せた。

「海街チャチャチャ」は17日午後9時、ついに最終回が放送される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング