1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

253億ウォン投資「イカゲーム」、1兆ウォン稼いだ「K-ドラマの威力」

Wow!Korea / 2021年10月17日 19時6分

Netflixオリジナルシリーズ「イカゲーム」(画像提供:wowkorea)

Netflixが「イカゲーム」に2,140万ドル(約24億円)を投資し、8億9,110万ドル(約1,019億円)以上の収入を上げる見通しだとブルームバーグ通信が16日(現地時間)を伝えた。

ブルームバーグ通信は土曜日の夕方、誰かがこの媒体に提供した機密内部資料を引用し、4週間前に初放映された9部作シリーズに対し2,140万ドルを支払い、この会社は「イカゲーム」がいわゆる「影響価値」として呼ばれるものの40倍以上に達する推算していると報道した。

Netflixはバラエティーの論評要請に即時応答はしなかった。ブルームバーグの報道によるとNetflixのある弁護士はブルームーンが文書に含まれた機密資料を掲載することは「不適切だろう」と話した。

内部文書によると「イカゲーム」を2分以上視聴した人は作品公開23日で1億3,200万人に達した。視聴者の89%は少なくても1つ以上のエピソードを視聴し、66%に当たる8,700万人は公開後、23日で最後の9話まで一気見した。

「イカゲーム」は優れた効率性で世界的な注目を受けた。「イカゲーム」の製作費は2,140万ドルだった。1話ごと28億ウォン(約2億7000万円)の割合である。

Netflixの人気作「ストレンジャー・シングス」、「ザ・クラウン」の1話ごとの投資コストが各々800万ドル(約9億1500万円)、1,000万ドル(約11億4300万円)であることと比較するとそれほど多くない水準である。

一方Netflixは、内部データーをダウンロードし、社外に共有したと認めた職員を解雇した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング