1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「野生ドル」デビュー組最終脱落者はクォン・ヒョンソク…キム・ソンギュ(INFINITE)「良い経験だったと思ってほしい」

Wow!Korea / 2021年11月26日 6時22分

(画像提供:wowkorea)

「極限デビュー野生ドル」でキム・ソンギュが最終脱落したクォン・ヒョンソクを応援した。

25日午後に放送されたMBC「極限デビュー野生ドル」ではデビュー組の最終脱落者が公開とともに音楽番組の出演権をかけた激突が行われた。

「少女時代」のヒョヨンや「2PM」のウヨン、コン・ミンジが登場した中、ダンスポジションのバトルが描かれた。 3人の「野生ドル」が順番に踊りを披露し、プロ評価での勝者が50点を奪う方式だった。

バン・テフン、パク・ジュオン、イ・チャンソンが最初の対決を繰り広げた結果、バン・テフンが2票を得て、パク・ジュオンの名札を獲得した。 特に、さまざまな「野生ドル」の警戒対象だったイ・チャンソンが1票も得られず、衝撃を与えた。

パク・ゴンウクは満場一致で選択を受け、キム・ヒョンヨプ、チョン・ヒョヌを破った。 続いて、ノ・ユンホ、キム・ジソンと対戦することになったクォン・ヒョンソクは、「最初の目標はビリ脱出だったので、あがいた」という覚悟にふさわしく実力を見せたが、勝利はキム・ジソンのものだった。

イ・ジェオク、ソ・ソンヒョクと同じ組になったキム・ギジュンは、踊るために舞台に向かった。 しかし、ヒョヨンプロがキム・ギジュンのズボンの前の部分が開いているのを見て大いに戸惑い、ウヨンプロが静かに近付いて気づかせた。 特にウヨンプロは、「もしかして準備した武器ですか?」とおどけて笑いを誘った。

独歩的な実力で勝機をつかんだソ・ソンヒョクは「一緒に頑張っていこうという意味で」とイ・ジェオクの名札を持っていった。 その後公開された中間順位でバン・テフンが1位、イ・ジェジュンが2位、3位にはイ・チャンソンが名を連ねた。

最後のミッションはMBCショー! 「音楽中心」への出演権がかかったステージバトルだった。 スタジオでVCRを見守っていたイェリンは「とても大きいベネフィット。夢の舞台だ。デビューしてからも音楽番組の舞台に上がるのは簡単ではない」と驚いた。

一方、14人の「野生ドル」だけがバトルに挑戦するルールに従い、最下位15位のクォン・ヒョンソクは最後のあいさつをすることになった。 デビュー組選抜戦でクォン・ヒョンソクを「ワンピック」に選んだだけに、最後まで愛着があったというキム・ソンギュは「みんな愛情があるが、ヒョンソクは特に応援するようになった。 このプログラムの脱落が人生で大きな経験だったと思ってほしい。 今後も夢が叶うよう願っている」と激励を伝えた。

ステージバトルは制限時間内に異なるコンセプトのタイトル曲「ANSWER」と「No thanks」で「野生ドル」評価チームの心をつかまなければならないミッションだった。 オンライン生中継で個人・チーム投票が同時に行われ、勝利チームは全員50点を獲得するとともに「ショー!音楽中心」のステージに立つことになる。

選択肢によってノ・ユンホ、キム・ギジュン、イ・ジェオク、キム・ヒョンヨプ、チョン・ヒョヌ、ユン・ジュンヒョプ、ソ・ソンヒョクが「ANSWER」、パク・ジュオン、キム・ジソン、イム・ジュアン、パク・ゴンウク、イ・チャンソン、イ・ジェジュン、バン・テフンが「No thanks」でステージバトルを行うことになった。 最後のチャンスを勝ち取る「野生ドル」は誰になるのか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください