1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「父へのプレゼント」偽物ではなかった…YouTuberソン・ジア、所蔵品をブランド鑑定士に依頼

Wow!Korea / 2022年1月29日 19時12分

YouTuber兼インフルエンサーのソン・ジアが偽物と批判されている所蔵品を韓国ブランド鑑定士に依頼した(画像提供:wowkorea)

YouTuber兼インフルエンサーのソン・ジア(活動名:フリージア)が偽物と批判されている所蔵品を韓国ブランド鑑定士に依頼した。

29日、情報サイト「Dispatch(ディスパッチ)」はソン・ジアが2年間のYouTube動画237本をアップロードしながら、およそ500個のアイテムを着用したとし、オンライン上にて議論になっていた21の製品を鑑定士に送り、検証したと報道した。

ソン・ジアは所蔵品と共に、本物であることを証明するため保証書と領収書を提出した。調査結果21個中12個が本物であることが確認された。8つは偽物、1つは確認不可であることが明らかになった。

中古疑惑が浮上していたシャネルクラシックバックをはじめ、父へプレゼントとして送ったルイヴィトンのスニーカー、ロレックスの時計など本人が直接、百貨店にて購入した。シャネルのウールスカーフ、シャネルの19バック、シャネルのボーイバックなども本物であった。

特にルイヴィトンのスニーカーは一部ネットユーザーがフランスの限定モデルであり、ディテールが異なっていると指摘したが、ソン・ジアが店舗購入の領収書を持っていたため、鑑定士も本物であることを確認した。

しかしNetflix「脱出おひとり島」にて着用していたシャネルのニット、ディオールのチューブトップ、ヴァンクリーフ&アーペルのイヤリングとネックレス、ディオールの香水の広報動画に映っていたディオールレディバック、そしてディオールのサドルバック、マリーンセルのワンピースなどは偽物であった。インターネットショッピングモールでの購入または、プレゼント、協賛でもらった。

小さな洋服店で購入した偽物のシャネルを「脱出おひとり島」にて着用し、登場したソン・ジアはDispatchとのインタビューにて「コピー商品に対する警戒心がなかった。本当に愚かだった。弁明の余地がない」と話した。

20歳の時に売店で購入したディオールの偽物を広報動画に使用したことについては「明白な私の不覚」とし、「特にディオールの関係者の方にもう一度謝罪したい。本当に申し訳ない。何の考えもなかった私自身が恥ずかしい」と後悔した。

彼女は「何の弁解も必要ない。すべて私がしでかしたことだ。本当に常識がなかった。かわいかったらそれが全てだと思った。本当に考えが甘かった。多くの方が裏切られたと感じていることを知っているので、申し訳ないという気持ちだけ」とDispatchを通して心境を明らかにした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください