1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

ソ・イングク、パク・ソダムから「12回死ぬことになる」と宣告される…「もうすぐ死にます」1次ティーザー映像公開

Wow!Korea / 2023年11月9日 12時9分

ソ・イングク、パク・ソダムから「12回死ぬことになる」と宣告される…「もうすく死にます」1次ティーザー映像公開

TVING「もうすぐ死にます」の1次ティーザー映像が公開された。

12月15日に公開されるTVINGオリジナルシリーズ「もうすぐ死にます」は、イジェ(ソ・イングク)が死(パク・ソダム)が下した審判によって12回の死と人生を経験することになるファンタジードラマだ。

“信じて見る俳優”ソ・イングクとパク・ソダムをはじめ、キム・ジフン、チェ・シウォン(SUPER JUNIOR)、ソンフン、キム・カンフン、チャン・スンジョ、イ・ジェウク、イ・ドヒョン、コ・ユンジョン、キム・ジェウク、オ・ジョンセまで、実力派俳優たちが総出演し関心を集めている。彼らは死の審判台に上がったチェ・イジェが直面する数多くの人生と死の中でそれぞれの役割を果たし、巨大な世界観に完成度を加える予定だ。

このような中で公開された1次ティーザー映像は、チェ・イジェが受ける死の刑罰を予告している。赤黒い波が漂う海にそびえ立つ崖から聞こえてくる叫び声が、不気味な雰囲気をかもし出す。人々が叫ぶ崖の下の状況とは異なり、チェ・イジェと死が立つ崖の上は寂寞としている。一定の距離を維持したままチェ・イジェを見つめる死は「チェ・イジェ、おまえは今後12回死ぬことになる」という衝撃的な言葉を放つ。

続いて、死はチェ・イジェにこれから彼が経験する罰について話し始める。今後、チェ・イジェの魂はそれぞれ異なる12人の肉体に入り、どんな体で目が覚めたとしても絶対に死ぬということ。死の説明通り、年齢も性別もすべて違う人々が相次いで登場し、好奇心を誘発する。

死は「地獄に行きたくなければ、生き残ってみろ」という言葉で、12回の人生の最後に訪れる結末が地獄であることを暗示し、チェ・イジェを苦しめる。果たして審判台に上がったチェ・イジェが死が下した刑罰から生き残ることができるのか、関心が集中する。

また、今回の1次ティーザー映像では、これまでベールに隠されていたシークレットキャストたちの姿も確認することができる。クラブや大聖堂、学校、警察署など、それぞれ違う空間は、彼らの事情を推測させる。これにチェ・イジェの魂と共に死を迎えるシークレットキャストたちは、それぞれどのような人生を生きるのか、好奇心が集まる。

制作陣は「『もうすぐ死にます』は、自ら人生を放棄したチェ・イジェが再び生きるためにもがきながら人生の意味を悟る過程を描くドラマ」とし、「チェ・イジェの孤軍奮闘を通じて、人生に疲れすべてを放棄したいという人たちを励ましたい。多くの期待をお願いする」と伝えた。

TVINGオリジナルシリーズ「もうすぐ死にます」は、12月15日にTVINGで初公開され、プライムビデオを通じてグローバル市場にも進出する予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください