野口悠紀雄の「ブロックチェーン」講義 第3回「DAO」は会社と仕事をどう変えるか?

ZUU online / 2017年5月20日 8時40分

写真

野口悠紀雄の「ブロックチェーン」講義 第3回「DAO」は会社と仕事をどう変えるか?(写真=The 21 online/野口悠紀雄(経済学者)) (ZUU online)

■「経営者がいない組織」が実現する?

仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として注目を集めている「ブロックチェーン」だが、実際には金融の分野にとどまらず、あらゆるビジネス、組織の在り方、さらには私たちの働き方にまで本質的な変革をもたらす――。本連載ではそんな、ブロックチェーンの可能性についてお話をうかがってきた。

第1回「ブロックチェーンとは何なのか」http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3506
第2回「2つのブロックチェーン」http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3588

しかも、ブロックチェーンという革新的技術は「経営者がいない組織」すら可能にするのだという。それはいったいどういうことなのだろうか。

■DAO「分散型自立組織」の登場

――前回は、ドイツのスタートアップ企業「Slock.it」についてうかがいました。ライドシェアや民泊といった「シェアリングエコノミー」に欠かせない電子ロックの開発を手がけ、まだ実際の事業が始まっていないにもかかわらず、1.6億ドルもの資金が集まっている。それだけでなく、「新しい組織の形」が現実になり始めているとのことでした。これはつまり、「経営にブロックチェーンを応用している」ということでしょうか。

野口 そうではありません。ブロックチェーンを活用することで、そもそも「経営の必要がない」「経営者がいなくてもよい」組織が生まれるということです。それが、新しい組織の形である「DAO」です。「Decentralized Autonomous Organization」の略で、日本語では「分散型自立組織」と言います。

伝統的な組織においては、中央に経営者、管理者がいて、彼らが様々な判断をすることで、組織を運営していきます。これに対して、DAOは管理者を持ちません。ブロックチェーンを構成する多数のコンピューターネットワーク=P2Pが、プロトコルに定められたルールにしたがって判断し、意思決定をし、実行するからです。

Slock.itも、事業の仕組みはDAOによって動いていますから、誰かが経営をする必要はありません。技術開発やメンテナンスをする人はいても、この仕組み自体を管理する人は必要ない。だからこそ、一度出来上がった電子ロックの仕組みは、仮にメンバーが全員亡くなってしまっても、企業が消滅したとしても、動き続けます。

ZUU online

トピックスRSS

ランキング