ペッパーフードサービス、年初来安値から5.8倍に 市場はやや過熱感も

ZUU online / 2017年9月12日 17時40分

写真

ペッパーフードサービス、年初来安値から5.8倍に 市場はやや過熱感も(写真= ZUU online 編集部) (ZUU online)

9月4~8日の東京株式市場は軟調に推移した。北朝鮮の水爆実験を背景にリスク回避の動きが強まり、日経平均株価は1万9200円台に下落、約4カ月半ぶりの安値を付けた。

目下のところは日銀のETF(上場投資信託)買いが下値をサポートしているが、地政学的リスクの高まりが続くようであれば投資家心理が一段と冷え込む恐れもあるので注意が必要だ。

■「年初来安値からの上昇率」ランキング

それでは今回は、東証1部の「年初来安値からの上昇率」上位10社の顔ぶれをみていこう。

(1)ペッパーフードサービス <3053> 3425円 583円 +487.5%
(2)北の達人コーポレーション <2930> 1114円 248円 +349.2%
(3)enish <3667> 2031円 491円 +313.6%
(4)ヤマシンフィルタ <6240> 4160円 1192円 +249.0%
(5)石川製作所 <6208> 2226円 658円 +238.3%
(6)ジーンズメイト <7448> 611円 188円 +225.0%
(7)日本ライフライン <7575> 5660円 1825円 +210.1%
(8)トーセ <4728> 2101円 720円 +191.8%
(9)エスクロー・エージェント・ジャパン <6093> 3590円 1243円 +188.8%
(10)三井ハイテック <6966> 2315円 825円 +180.6%
※銘柄、証券コード、8日終値(円)、年初来安値(円)、上昇率の順。株式分割実施企業の年初来安値は分割後の値に調整済み、上昇率は調整後の株価に基づき算出。

ランキングの顔ぶれは、値動きの良い中小型株が目立つ。業種別では機械、情報・通信業、卸売業が各2銘柄、食料品、小売業、サービス、電気機器が各1銘柄だった。

■ペッパーフードサービス、営業利益は前期の2倍以上に

今回は上記ランキングからペッパーフードサービス、ヤマシンフィルタ、石川製作所を取り上げたい。

ペッパーフードサービスは、牛ステーキを中心としたレストランチェーンを展開する外食企業。業種は食料品に指定されている。

5月1日、ペッパーフードサービスは市場選択制度により東証マザーズから東京証券取引所第2部へ市場変更し、さらに8月15日には東証1部へ昇格した。1部への昇格により、投資信託など機関投資家からの需要が高まったことが株価押し上げの一因になったと見られる。

ちなみに同社は今年4月、7月と業績予想を2回上方修正している。主力のチェーン店「ペッパーランチ」や、新業態として拡大中の「いきなりステーキ」が好調で、2017年12月期の営業利益は前期の2倍以上になる見通しだ。ただ、連結PERは約55倍、配当利回りは0.44倍となり、株価には過熱感も出ている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ZUU online

トピックスRSS

ランキング