「消費者が最も信頼できない車ランキング」テスラのモデルXほか10車種

ZUU online / 2017年10月24日 5時40分

写真

「消費者が最も信頼できない車ランキング」テスラのモデルXほか10車種(写真=Tesla.comより) (ZUU online)

「消費者が選ぶ最も信頼できない車10」で、テスラのモデルXやメルセデスベンツのGLCクラス、ジャガーのFタイプなどの高級車が多数選ばれた。意外なことに低価格帯ブランドは、フィアット500とフォードのフォーカス、フィエスタぐらいしか見当たらない。日本のブランドはひとつも選ばれなかった。

このワースト10は米国の非営利消費者組織コンシューマー・ユニオンが発表した「消費者レポート(CR)」 に基づいたもの。ドライバー40万人、合計64万台の自動車を対象に実施した調査結果 から、最も低評価を受けた10ブランドを選出した。

■車内の電気系統やトランスミッションなどの問題が多発?

不名誉にも選ばれてしまったのは次の10車種だ。

テスラ・モデルX

シボレー・カマロ

メルセデスベンツ・GLCクラス

フォード・フォーカス

フォード・フィエスタ

フィアット500

ジャガーFタイプ

GMCアカディア

キャデラック・エスカレード

Volvo XC90

ワースト10の原因を比較してみると、車内の電気系統やトランスミッション、ドライブシステムの問題が圧倒的に多いことが分かる。

最も価格帯の低いフィアット500(1.8万〜2.6万ドル)も車内の電気系統トラブルが指摘されているほか、ブレーキやパワー・エクイップメントが不満の種となっている。しかし同様の問題は、2倍の値段のVolvo XC90(5.6万ドル)やGMCアカディア(5.1万ドル)、シボレー・カマロ(4.7万ドル)でも挙げられている。

2ブランドがワースト入りしたフォード・フォーカス(2万〜4万ドル)とフィエスタ(1.7万〜2.4万ドル)は、トランスミッションやドライブシステム、気候系システムが弱い。

最も高価格なテスラ・モデルX(11万ドル)の弱点は、気候系システムのほかに塗装やボディー・ハードウェア。「ドアが重すぎて開け閉めに時間がかかる」「6人乗り以上の場合、2列の座席が折り畳み不可能」など、設計面での不満も多い。

安全性や室内の広さでは定評のあるキャデラック・エスカレードだが、車の足回りが固く、小回りがきかない。「車体が大きい割に室内は評判ほど広くはない」「2列目の座席は座り心地が悪く、3列目は狭苦しい」との意見もある。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

ZUU online

ZUU online

トピックスRSS

ランキング