パラジウムの上昇によってプラチナも上昇するか?

ZUU online / 2019年2月17日 18時0分

写真

(画像=FrankHH/Shutterstock.com)

パラジウムとプラチナはどちらも自動車産業にとって不可欠なものであり、他の商品と比べると供給不足である。そして現在、パラジウムは世界で一番高価な金属である。

現在の市場が注目しているのは、プラチナ価格がパラジウム価格に追いつくのかということだ。

プラチナはディーゼル排気ガスを浄化するために使用されるが、ニューヨーク・マーカンタイル取引所のプラチナ先物価格は過去6営業日の内、5日も前日比で下落しており、1オンス785.55ドルと5ヶ月での最安値となっている。

一方、ガソリン車の触媒式排出ガス浄化装置に使われるパラジウム先物価格は、13日1オンス当たり1379.05ドルと、1月17日の過去最高値である1397.40ドルに近づいている。また、パラジウムスポットは1月17日に1440.35ドルとなり最高値だった。

プラチナは現在、パラジウムの約半分の価格で取引されており、20日、100日移動平均線を下回っている。貴金属投資家はプラチナがさらに下落することを恐れて、投資しようとは考えてはいないだろう。

■「強い売り」推奨ではあるが、プラチナは底を打つか

Investing.comのテクニカル分析では、米プラチナ先物は「強い売り」推奨になっている。サポートラインは1オンス778.41ドルであり、12日の終値である789.60ドルとそう遠くない価格で底を打つか注目である。

イリオイ州プレインフィールドにあるSeery Futuresの商品テクニカルチャート分析者兼創設者であるMike Seery氏のような人は、プラチナは今底を打ったと考えている。

「チャートにダブルトップが現れているが、下落傾向はとても限られているし、価格が835ドルの水準まで戻しているため、ショートは推薦できない。」

■パラジウムの上昇による波及効果

南アフリカのパラジウム採鉱企業は、現在のパラジウムの価格上昇によってようやく採算割れを回避できるようになってきた。

ランドの下落により、ドルで金属を販売している採鉱者にとってはコストが下がった。南アフリカのプラチナ採鉱者にとってもこれは命綱となった。ドルインデックスは先週7週間での最高値となり、ランドを含めた他貨幣に圧力をかけ、またImpala Platinum (JO:IMPJ)やSibanye Gold(NYSE:SBGL)、Lonmin (LON:LMI)などの採鉱企業が優位に立つことができた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング