【タイGDP】10-12月期は前年同期比+3.7%増~民間部門の加速で3%台後半まで成長加速

ZUU online / 2019年2月18日 21時20分

写真

【タイGDP】10-12月期は前年同期比+3.7%増~民間部門の加速で3%台後半まで成長加速(画像=PIXTA)

2018年10-12月期の実質GDP成長率は前年同期比3.7%増1と、前期の同3.2%増から上昇し、Bloomberg調査の市場予想(同3.6%増)を上回った。

なお、2018年通年の成長率は前年比4.1%増(2017年:同4.0%増)と上昇したが、11月の政府予測(+4.2%)を下回る結果となった。

実質GDPを需要項目別に見ると、内需と外需がそれぞれ回復して成長率上昇に繋がった。

民間消費は前年同期比5.3%増と、前期の同5.2%増から小幅に上昇した。財別に見ると、たばこの物品税増税の影響が和らいで非耐久財(3.1%増)が持ち直し、また自動車販売が好調な耐久財(8.0%増)とサービス(8.1%増)が堅調を維持した一方、半耐久財(3.0%増)が伸び悩んだ。

政府消費は同1.4%増(前期:同1.9%増)と低下した。

投資は同4.2%増と、前期の同3.9%増から上昇した。投資の内訳を見ると、まず民間投資は同5.5%増(前期:同3.8%増)と上昇した。民間設備投資(同5.6%増)と民間建設投資(同5.1%増)がそれぞれ堅調に拡大した。一方で公共投資は同0.1%減(前期:同4.2%増)と低下した。公共建設投資(同2.0%増)が鈍化、公共設備投資(同6.1%減)もマイナスとなった。

在庫変動の成長率寄与度は+3.0%ポイントと、前期の+6.7%ポイントから縮小したものの、バイクや非貨幣用金の輸入が増加して高めの水準となった。

純輸出は実質GDP成長率への寄与度が▲3.4%ポイントと、前期の▲8.5%ポイントからマイナス幅が縮小した。まず財・サービス輸出は同0.6%増(前期:同0.9%減)と上昇した。うち財貨輸出が同0.8%増(前期:同0.5%減)、サービス輸出が同0.2%減(前期:同2.2%減)となり、それぞれ改善した。また財・サービス輸入は同5.6%増(前期:同11.0%増)と大きく鈍化した。うち財貨輸入が同4.5%増(前期:同9.9%増)、サービス輸入が同10.1%増(前期:同16.1%増)と、それぞれ鈍化した。

■10-12月期GDPの評価と先行きのポイント

タイ経済は、輸出主導の回復がみられた2017年の+4.0%成長に対し、2018年は内需が拡大して+4.1%成長と小幅に加速、過去6年間で最も高い成長率を記録した。昨年後半から外部環境が変調をきたし、成長率は7-9月期に5四半期ぶりの減速となったが、10-12月期には再び上昇するなど高めの成長ペースを維持している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング