米航空会社、羽田空港の発着枠拡大で再び競う

ZUU online / 2019年2月27日 11時30分

一方、ユナイテッドは、シカゴ、グアム、ヒューストン、ロサンゼルス、ニューアーク、ワシントンDCへの毎日のフライトを提案しました。

アメリカンの提案は控えめです。ダラス – フォートワースへの1日2回のフライト、ロサンゼルスへの2日に1回のフライト、そしてラスベガスへの新しいルートを含めて4フライトを要求しました。

最後に、ハワイアンは、ホノルルへ毎日3フライトを追加したいと考えています。

DOTがすべての航空会社の主張を整理し、最終的な決定を下すには、かなり時間がかかります。

しかし、結局のところ、発着枠増枠の恩恵を享受できるアメリカン、デルタ、ハワイアン、ユナイテッドがすべて勝者になるはずです。(提供: The Motley Fool Japan


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング