【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、個人消費、在庫投資の伸びが鈍化

ZUU online / 2019年3月1日 21時0分

写真

【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、個人消費、在庫投資の伸びが鈍化(画像=PIXTA)

■結果の概要:成長率は、前期から低下も市場予想を上回る

2月28日、米商務省の経済分析局(BEA)は10-12月期のGDP統計(初期推計(1))を政府閉鎖の影響により、およそ1ヵ月遅れで公表した。10-12月期の実質GDP成長率(以下、成長率)は、季節調整済の前期比年率(2)で+2.6%となり、前期(同+3.4%)から低下、市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)の同+2.2%は上回った。この結果、18年の成長率は前年比+2.9%となり、17年の同+2.2%から上昇した。

10-12月期の成長率を需要項目別にみると、設備投資が前期比年率+6.2%(前期:+2.5%)と前期から伸びが加速したほか、外需の成長率寄与度が▲0.22%ポイント(前期:▲1.99%ポイント)とマイナス幅が縮小した。

一方、住宅投資は前期比年率▲3.5%(前期:▲3.6%)と4期連続でマイナス成長となった。また、前期に成長率を大幅に押上げた在庫投資は成長率寄与度が+0.13%ポイント(前期:+2.33%ポイント)と、前期に続き成長押上げとなったものの、押上げ幅は大幅に縮小した。

さらに、政府支出が前期比年率+0.4%(前期:+2.6%)と前期から伸びが鈍化したほか、個人消費も+2.8%(前期:+3.5%)と、好調を維持したものの前期から伸びが鈍化した。

当期は前2四半期が高成長率となっていたほか、12月の小売売上高が予想外に減少したことを受けて、個人消費の伸び鈍化が見込まれていたことから、成長率の低下が予想されていた。一方、成長率が市場予想を上回った要因としては、在庫投資が前期の反動にも係わらず、小幅ながら成長率のプラス寄与となったことに加えて、設備投資が堅調な伸びとなったことが大きいとみられる。

-------------------------------------------
(1)政府閉鎖の影響で速報値と改定値のデータと推計方法の組み合わせにより推計
(2)以降、本稿では特に断りの無い限り季節調整済の実質値を指すこととする。

■結果の詳細:

●(個人消費・個人所得)耐久財は好調も、全般的に消費の伸びは鈍化

10-12月期の個人消費は、財消費が前期比年率+3.9%(前期:+4.3%)、サービス消費が+2.4%(前期:+3.2%)と、いずれも前期から伸びが鈍化した。財消費では、娯楽財・スポーツカーが+7.8%(前期:+8.9%)と前期から高い伸びを維持したほか、自動車・自動車部品が+9.1%(前期:▲1.8%)と前期から大幅な増加に転じたこともあって、耐久財全体では+5.9%(前期:+3.7%)と前期から伸びが加速した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング