「自分のホンネに向き合ってこそ、お金の不安にも立ち向かえる」味岡倫歩【後編】

ZUU online / 2019年4月1日 9時30分

写真

(写真=iDeCo online編集部)

ディアメディア株式会社の代表取締役・味岡倫歩(あじおか・なほ)さんへのインタビュー。前編に続き、後編では、味岡さんが心掛けているという「感情」と「行動」を分類する思考術から、幸せなお金の使い方のヒントを学びます。

――味岡さんは、お金をどのように使いたいとお考えですか?

味岡氏:お金は循環させないと世の中が豊かにならないので、自分が貯め込むというよりは、社会を良くするために使いたいです。なので、とにかくたくさん稼ぎたいですね。もし会社が1兆円企業に成長すれば、従業員もたくさん雇えますし、新しいサービスの開発もできます。それが引いては幸せな世界につながるはずです。

――そう思うようになったきっかけとは?

味岡氏:フリーランスで稼げるようになったときに、ただお金を持っていてもしょうがないなと思ったんです。ある程度、生活防衛費や貯蓄に回したら、手元に残ったお金を世の中のために役立てたいなと。そこで、企業のPRサポートを続けながら、メディア向けの請求書・発注書を一元管理できるウェブサービスを展開する会社を立ち上げる資金にしようと思いました。ただ、お金がカツカツだったら、そこまで考えられる余裕はなかったと思います。

――ちなみに、お金を使うにあたって気をつけていることはありますか?

味岡氏:例えば、プライベートで物を買うときも、投資にあたっても共通しているのですが、「『安いから買う』『高いから買わない』という選択をしない」と決めています。もちろんラインはありますが、ちょっと高いなと思っても、高いという理由だけで諦めることはしませんし、逆に安いから買うことはしません。それは「損をしないための行動」であって、損をしたと思うネガティブで不必要な感情に振り回される時間がもったいないなと。

――なるほど。確かに損得の感じ方は、自分の気持ちひとつで変わりますよね。

味岡氏:損しないかどうかにフォーカスすると、結局損をすることになる気がするんです。感情の無駄遣いが嫌なので、割引を待つのではなく、欲しいものは欲しいと思ったときに手に入れられるように、努力しようと心掛けています。

――では、「お金に関することを考えることが億劫だ」という人はどうしたらいいでしょうか?

味岡氏:マネーリテラシーは若いうちから養うに越したことはないと思います。ただ、単に金融の仕組みを学ぶだけではなく、お金をどう幸せに使っていくのかという思考とセットで勉強していくことをおすすめしたいです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング