トランプ氏、イラン産原油禁輸で自縄自縛 当のイランはさほど影響受けず

ZUU online / 2019年4月26日 18時30分

写真

(画像=Kordin Viacheslav/Shutterstock.com)

米国の対イラン制裁強化により、最大の恩恵を受けるのはサウジアラビアになるだろう。そして、一番の被害者は実のところイランではなくトランプ大統領と言えそうだ。

OPECプラスは原油供給を保証するよりむしろ、収益性に焦点を当てている。したがって、中国やインド、米国等の原油輸入国は今後、より高い輸入価格に甘んじる必要がありそうだ。

■原油輸入国に向かい風

市場がリバランスの兆しを見せるまでは、ファンドマネジャーが競って高値を付けるだろう。原油消費国にとっては最悪の流れになりそうだ。

市場の方向性を変えるためには、サウジが数か月前苦心して実現した減産に対し、再び潤沢な原油供給が生まれていることを示さなくてはならない。

OPECプラスの協調減産により、ここ4か月半でWTI原油価格は45%上昇している。米国のガソリン価格は今年61%もの上昇を記録した。ブレント原油は38%の高値となった。

イランやベネズエラ、リビア等から供給されていた分を穴埋めするため、トランプ米大統領はOPECプラスに対し早急に減産を撤回するよう求めている。

これに対しサウジがすぐに応じることはなさそうだ。

「イラン産原油への経済制裁で供給量が減った分、サウジとOPEC諸国が補完するだろう」とトランプ大統領はツイートした。

■消費者にも優しくない原油価格

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、米国のイラン産原油禁輸の除外措置撤廃による市場の不均衡や、原油供給量を保証するため国家をあげて尽力すると述べた。

同氏が述べたところの真意は、原油供給がOPECの操作下にあり、消費者価格は吊り上げられうるということだ。

原油市場アナリスト・エネルギー政策コンサルタントのEllen R. Wald氏は、サウジが「原油供給量を保証することで、OPECの中で自らの首を絞めるようなことはしないだろう」と述べている。

ICAPのエネルギー先物ブローカーのScott Shelton氏は、読み合いに勝つために「多くの投資家はサウジの供給能力は宣伝されているより少ないと考えている」ので、手に負えない程の原油高へ警戒するよう述べている。

■イランはさほど影響を受けない見通し

米国の制裁強化に関わらず、イランは原油輸出を継続する。

昨年上半期も、制裁をかいくぐってイランは密かに輸出を行っていた。

下半期には、トランプ政権が制裁措置免除を8か国に認めた。

そして今回、8か国(中国、インド、日本、韓国、台湾、トルコ、イタリア、ギリシャ)に対する免除が撤廃されたことで、これらの国では原油供給が不安定になりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング