大人の女性にお似合いのプレミアムコンパクトカー4台

ZUU online / 2019年6月9日 20時0分

写真

(写真=VanderWolf Images/Shutterstock.com)

最近、高級輸入車、それもコンパクトカーのハンドルを握る女性を多く見かけませんか。コンパクトカーの取り回しの良さに加えて、輸入車のデザイン性やインテリアにライフスタイルがフィットしているのかもしれません。

■「ポルシェ マカン」女性でも取り回しが楽なコンパクトSUV

ポルシェといえばスポーツカー好きが憧れるクルマで、運転技術に自信がないと縁がないと思い込まれている女性も多いと思います。しかしポルシェの中でもコンパクトSUVのマカンは女性でも運転しやすいクルマなのです。

女性が街乗りに使うのにぴったりな雰囲気で、第一印象は「これがポルシェ?」という愛嬌も感じさせますが、ボディラインにフォーカスすると高い空力特性を追求したフォルムはやはりポルシェだと分かります。

コンパクトSUVは国内では人気ですが、スポーツカー専門メーカーらしさを残しているのも特徴。例えば俊敏性とトラクション(駆動)性能を高める「ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)」をマカンにも採用していますし、コンパクトカーにしてはハイパワーなエンジンを搭載しています。

ポルシェは車両価格が高いことでも知られていますが、新型マカン、初代マカンの車両価格は税込みで699万円からです。

■「BMW MINI」伝統を引き継ぐ3ドアモデルは定番

MINIが高級外車のジャンルに入るのかというと微妙なところですが、現在はBMW傘下ということで、従来の遊び心のブランドイメージに高級感も加わりました。

最初のMINIがイギリスに誕生したのは1959年。もともとは深刻な燃料不足に対応する小型車として開発されましたが、若者を中心にデザインアイコンとして一気にファンを増やしました。現在でも個性的でありながらもかわいらしいボディが女性の心をつかんでいます。

現行のMINIには、3ドア、5ドア、コンバーチブル、4WDなどさまざまなボディタイプがありますが、やはりブランドを象徴するのは3ドアでしょう。

コンパクトな外観やゴーカート・フィーリングは先代から受け継がれていて、そこにBMWの最新機能を搭載しています。

走行に必要な情報(速度・ナビ情報・ラジオ局など)をドライバーのフロントに浮かび挙がらせるヘッドアップディスプレイや、視認性を高めたLEDライト、車間距離を測定する技術などが採用されています。車両価格は税込みで238万円です。

■「アウディA3 Sportback」ハッチバックの合理性とワゴンの使い勝手を持つ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング