子供と一緒に読みたい「お金」について学べる絵本3選

ZUU online / 2019年6月18日 12時0分

●「お金とじょうずにつきあう本」(晶文社発行、A5変型、本体1,200円)

まさにマネーリテラシーを育むのに相応しい内容です。「欲しいものがあった時に、自分のお金だけじゃ足りない場合はどうしよう」など、身近なエピソードから子供がお金と上手に付き合う方法を学べます。労働と賃金の関係や、物の価値と値段などについて教えてくれるほか、本当の豊かさなど道徳的な面もフォローしています。お金について「あなたならどうする?」と身近なエピソードが提示されており、それぞれの話題について親子で答えを考えるのも子供にとって良い体験になるでしょう。

■家族の休日に、一緒に勉強を

子供にとって、お金への認識はまだ「おこづかい」の域を脱していないかもしれません。子供にお金について学んでもらうには、家族の協力が必要です。家族の休日に一緒に勉強すれば、子供と同じ目線に立って学ぶことができます。

子供も「お年玉」をもらった時は「これで何を買おうか」と考えることがあるので、その使い方を話題にしてみるのも面白いかもしれません。絵本を通して子供とお金について語り合うことで、大人も自分のお金の使い方を振り返ることができ、両方にとって有意義なひとときになることでしょう。

人生という旅を優雅にフライトするには、お金は必要不可欠です。安定したフライトにするためにも、子供の頃からマネーリテラシーを身に着けることは決して無駄にはならないはずです。

(提供=ANA Financial Journal/ZUU online)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング