将来年金が受給できなくなったらどうする?個人年金について詳しく解説

ZUU online / 2019年6月19日 12時0分

写真

出典:Getty Images

2019年5月22日、金融庁が「公的年金だけでは生活水準が保たれないため、国民は自助すること」を明言しました。

「今の若い世代は年金がもらえないのではないか」という不安が本格的にただよっています。

データを見ながら、個人で備える年金についてご説明します。

■ 現在の年金の状況と今後の年金の状況

金融庁から「資産寿命」についての原案が開示されました。

少子化などの影響もあり、公的年金だけでは老後にまともな生活が送れない可能性が高い、と金融庁が明言したのです。

明言される前から財源が不足していることや今の若い世代は支払った分よりもかなり少ない額の年金しかもらえないことなどは分かっていましたが、政府が明言したことにより「本格的にピンチらしい」と国民は不安に感じています。

例えば夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦のみ世帯(無収入)の場合、現状の給付でも総額1,300〜2,000万円ほど足りなくなるようです。

月額に換算すると、毎月平均約5万円足りない計算です。

毎月平均約5万円足りないわけですから、この5万円分を自分たちで補わなければならないのです。

参考:高齢社会における資産形成・管理(金融庁)

■ 個人年金とは何か

民間の保険を利用して老後資金を積み立てる仕組みです。

投資的な側面もありますが、ほぼ積み立てのようなサービスもあります。

個人年金、確定拠出年金、じぶん年金などと呼ばれています。

老後資金を政府に頼らず、自分たちで積み立てる仕組みです。

■ 個人年金のタイプ

個人年金には大きく分けて二つのタイプがあります。

□ 確定給付型

あらかじめ将来の給付額が決められたタイプです。

毎月一定額を積み立てることで、将来の資金を無理なく着実に貯められます。

□ 確定拠出型

資産の運用要素があるタイプです。

毎月の掛け金が異なり、運用次第で将来受給できる額も変動します。

上手く運用することで掛け金以上の利益が出る場合もありますし、逆に運用に失敗すると損することもあります。

■ 個人年金保険の種類

保険会社で扱っている年金保険は主に4つのタイプに分けられます。

□ 終身年金

被保険者が亡くなるまでずっと受け取ることができます。

死ぬまでずっと受け取ることができますが、その分保険料は高額です。

早く死ぬと、「たくさん支払ったのにすぐに死んだので損をする」ことになります。

早く死んでも損しないように、死後も遺族にお金が支払われる年金もあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング