【利回り比較】東京物件VS大阪物件 大阪マンションは不動産投資でどれくらい有利?

ZUU online / 2019年7月4日 8時0分

写真

(写真=Patino/Shutterstock.com)

東京23区と大阪市内のマンション価格を比べると、大阪の方が割安です。それによって、不動産投資をする際にどれくらい有利に運用できるのかを検証していきます。

■表面利回りを用いて東京物件と大阪物件を比較

ここでは、利回りを用いて東京と大阪のマンションを比較していきます。利回りの種類は主に「表面利回り」と「実質利回り」の2種類です。表面利回りとは、物件価格に対する年間の家賃収入の割合のことで、「年間家賃収入÷物件価格」の計算式で算出します。一方、実質利回りとは管理費や固定資産税などの実際にかかる経費を算入して計算したものです。

(年間家賃収入-年間経費)÷(物件価格-購入時経費)の計算式で算出します。大まかな投資判断は、表面利回りで試算しますが、実際に運用した場合の経営シミュレーションをする場合には実質利回りを使用するのが一般的です。今回は、「表面利回り」を用います。

■数十年後に新車1台分のリターンの差になる

設定する物件価格や家賃については、立地や間取りにもよりますが、新築のワンルームマンションで標準的な東京2,000万円(家賃収入8万円)、大阪1,500万円(家賃収入7万円)で考えていきます。下記が東京マンションと大阪マンションの表面利回りです。

[東京マンションの表面利回り]
・8万円×12ヵ月=96万円
・96万円÷2,000万円=0.048
・0.048×100倍=4.8%

[大阪マンションの表面利回り]
・7万円×12ヵ月=84万円
・84万円÷1,500万円=0.056
・0.056×100倍= 5.6%

試算の結果から利回りの差は0.8%あることがわかります。わずかな違いに感じられるかもしれませんが、不動産投資は長期運用が基本です。この差が「30年後にはどれくらいになるか」を試算してみましょう。仮に2,000万円の物件を所有した場合、0.8%の差が30年間では以下の差額になります。

・2,000万円×0.8%×30年=480万円

新車が買えるくらいの金額になることがわかります。さらに複数の物件を運用した場合、差額は千万単位にまで膨らんでしまうでしょう。

■大阪で不動産投資をするのに理想的な中心6区

大阪マンションがいくら利回りがよいといっても、賃貸ニーズがあり資産価値を維持しやすいエリアに物件を所有することが大切です。それにより、安定経営が実現でき売却するときにも有利な価格を設定できます。理想的なのは、大阪市の主要路線である「大阪環状線」の内側に位置する「中心6区」と呼ばれるエリアに物件を所有することです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング