運用資産のリスクをヘッジするオプション取引の活用法

ZUU online / 2019年9月10日 13時5分

写真

(画像=designer491/Shutterstock.com)

金融派生商品とも呼ばれるデリバティブ取引には先物やスワップなどいくつかの種類のものがあります。そうしたデリバティブ取引の中でもオプション取引は特にハイリスクという印象を持たれがちです。しかしオプション取引は正しく理解すれば、むしろ運用資産のリスクをヘッジするためにも活用できる強い味方となります。

以下では、「オプションとはどのような金融商品なのか」「どのように活用すれば運用資産のリスクヘッジにつながるのか」について解説します。

■オプション取引とはどのような金融商品か

オプション取引とは、一言でいえば一定の権利を売り買いする取引です。どのような権利を売り買いするのかというと、将来の期日において特定の商品を決められた価格で売買する権利です。オプション取引の対象となる商品を原資産と呼びますが、この原資産にはさまざまな商品があります。たとえば外国通貨米ドルを対象にしたオプション取引を考えてみましょう。

現在1米ドル100円の状況で、3ヵ月後(将来の期日)に1米ドル(特定の商品)を110円(決められた価格)で買う権利があるとします。買う権利のことをコールオプション、売る権利のことをプットオプションと呼びますので、この例はコールオプションを対象とした取引です。Aさんは3ヵ月後に米ドルを必要としていますが、そのころには米ドルの価値が高くなり、1米ドル120円程度になると予想しています。

そこで今のうちに1米ドルを110円で買うことのできるコールオプションを購入することにしました。この例では3ヵ月後、Aさんの予想通り1米ドル120円まで進行したとしましょう。しかしAさんはコールオプションを有しているので、その権利を行使することにより1米ドル110円で無事に米ドルを手にすることができました。

コールオプションを買ったAさんは相場より10円(=120円-110円)安く米ドルを手に入れて得をしたことになります。ただ、その陰にはコールオプションを売った人もいるはずです。コールオプションを売った人は相場より10円損をしたことになります。このようなオプション取引には、買う権利(コールオプション)と売る権利(プットオプション)のそれぞれについて「買い」と「売り」のパターンが存在するため、合計で4通りの取引があることを意識しておきましょう。

■投機にもリスクヘッジにも使えるオプション取引

オプションは権利であるため、オプションを買った人は、「その権利を行使するか」「放棄するか」を選択することができます。これに対して、オプションを売った人は義務を負っている立場のため、オプションを買った人から権利行使された場合にはこれに応じなければなりません。オプション取引は、原資産に対する実需がなくても、投機目的で取り組むことができます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング