オーバーアロットメントとは?IPO・PO投資の基礎知識を把握しておこう

ZUU online / 2019年7月15日 11時0分

写真

出典:Getty Images

IPO(新規株式公開)やPO(公募増資・売出し)において、「オーバーアロットメント」という言葉がよく聞かれます。

上場直後の過熱を抑え、適正な株価がつくようにするための手法です。

今回は、オーバーアロットメントの意味について解説します。

■ オーバーアロットメントとは

オーバーアロットメントとは、企業が株式の公募や売出を実施する際に、需給状況に応じて主幹事証券が売出人となって行う売出しのことです。

主幹事証券は大株主から一時的に株を借りて、公募・売り出しと同一条件で投資家に転売します。

2002年1月より、国内で行われる募集又は売出しについて、オーバーアロットメントが行うことが許されるようになりました。

■ IPO(新規株式公開)とPO(公募・売出し)

IPO(新規株式公開)とは、未上場企業が上場し、証券市場での売買が可能になることをいいます。

一方、公募売出しは証券取引所にすでに上場している企業が、追加の資金調達や大株主の保有株売却などを目的に、一般投資家に株式を取得してもらうための行為。

IPOとPOの違いは、証券市場に上場しているかどうかです。

公募とは、会社が新たに発行する株式。

売出しは創業者など大株主が売却、市場に放出する株です。

■ IPOやPOの流れ

IPOとPOの価格決定には、「ブックビルディング方式」が採用されています。

ブックビルディング方式とは、仮条件を投資家に提示し、需給状況を把握した上で公開価格を決定する方式です。

IPOでは「購入希望価格」、 POでは「ディスカウント率」が提示されます。

ブックビルディング期間に需要が大きかった場合、主幹事証券会社は大株主からあらかじめ株を借り、その株を追加して投資家に販売することができます。

これが「オーバーアロットメント」です。

たとえば、IPOで人気が過熱して株価が急騰しそうだと予想される場合、主幹事証券は大株主からあらかじめ借りていた株式を追加的に売り出して、上場直後の過熱感を抑え適正な株価がつくようにするのです。

熱を冷ますので「冷やし玉」と呼ばれることもあります。

公募価格・売出価格・オーバーアロットメントの価格は、すべて同じ公開価格で売却されます。

ただし、過剰販売および利得行為の発生を避けるため、オーバーアロットメントによる合計数量は、公募・売り出し予定数量合計の15%を上回ることは禁じられています

■ グリーンシューオプションとは

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング