【米国株動向】6月にビヨンド・ミートの株価が54%急騰した理由

ZUU online / 2019年7月15日 13時0分

写真

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2019年7月7日投稿記事より

植物由来人工肉を製造するビヨンド・ミート(NASDAQ:BYND)の堅調な第1四半期(1月〜3月)決算発表を受け、株価は6月に54%急上昇しました(S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス調べ)。

ビヨンド・ミートの売上高は前年同期比215%増の4,020万ドル、総利益は424%増の1,080万ドルとなりました。

これは、同社製品を販売するレストランやスーパーの数が急増したことによります。

CEOのイーサム・ブラウンは以下のように述べています。

「5月に行ったIPO(新規株式公開)の成功、そして第1四半期の堅調な決算から、米国および世界で植物由来人工肉で大きな需要があると考えています。」

ビヨンド・ミートはまだ赤字です。第1四半期の純損失は660万ドル(1株あたり0.95ドル)でした。

しかし、これは想定内のことであり、同社は引き続き成長戦略に積極的に投資しています。

ブラウンは、今後もブランド認知度の向上、流通チャネルの拡大、革新的な新商品、インフラストラクチャおよび生産能力に投資していくことを強調しています。

ビヨンド・ミートは植物由来人工肉市場が今後2,700億ドル規模になると考えています。

それが正しければ、短期的な利益を見過ごして巨大市場のシェア拡大を追求していることは適切な判断だと言えるでしょう。(提供:The Motley Fool Japan)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング