Googleは八百屋。facebookは郵便局。そう考えれば、商店街復興の策が見えてくる!

ZUU online / 2019年7月17日 20時30分

■Googleは八百屋さんと同じ?

今度は、Googleを見てみることにしましょう。同社のミッションは、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」です。

こうした事業のことを、「情報整理モデル」と呼んでいます。本来であれば、情報を必要とする人が自分で集める必要があります。それを、代わりに行ってあげるモデルです。

では、八百屋はどうかというと、集めているのは情報ではありませんし、野菜を世界中から集めているようなケースも希でしょう。とはいえやはり、八百屋の意義は品揃えにあります。

また、売れる野菜ほど、お客さんの手にとりやすい場所に置くことで、便利なお店になっていきます。Googleが、ユーザーから求められる情報ほど検索結果の上位に表示させる努力をしているのに、とても似ていますね。

■イノベーションを生み出すビジネスモデルの「型」とは?

以前は、商店街も十分な価値を持っていました。八百屋が、野菜や果物を揃えてくれるから、必要なものがすぐ手に入ります。郵便局の配達員が手紙を届けてくれるから、大切な人に思いを届けられます。

そんな中、最先端のIT企業が、それをもっと便利にしようと頑張った結果、人がネット空間に訪れるようになりました。

ただ、言えることは、上記の事例の通り、商店街が本来果たしていた価値が不要になったわけではないということです。ビジネスモデルに秘められた「型」は、商店街もIT企業も一緒なのですから!

ということは、商店街の1つ1つのお店をもっと便利にすることを考えれば、イノベーションのアイデアが生まれる可能性がありそうです。

例えば、小さな書店に置ける本の数は限界があります。が、その限界をとっぱらってしまうとAmazonが生まれる、というようにです。

こうした、アイデアを生み出すためには、ビジネスモデルの「型」を知っておくと便利です。

前述した「型」以外にも、代表的なものとして以下があります。

まず、自分の能力を活かしてサービスを行う「能力(自家発電)モデル」。そして、他社が開発した商品を代わりに売る「販売代行モデル」。商品価値をもった方の力を借り付加価値を付けてサービスを提供する「プロデュースモデル」。たくさんの面倒な手続を代わりにしてあげる「パッケージングモデル」。最後に、全く新しい付加価値をつけ、もとの商品とは完全な別商品としてしまう「価値転換モデル」。<参考>『失敗をゼロにする起業のバイブル』CHAPTER 5)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング