南米のEコマース、メルカドリブレの急速な成長続く

ZUU online / 2019年8月11日 13時0分

写真

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2019年8月7日投稿記事より

南米のEコマース最大手のメルカドリブレ(NASDAQ:MELI)が7日に発表した第2四半期(4月~6月)決算は、アナリストのコンセンサス予想を大きく上回りました。

主力のマーケットプレイス事業の利用が伸びており、さらにオンライン決済サービスのメルカドパーゴも業績に大きく貢献しました。

この勢いは、2019年後半も続くと見込まれます。

■ 第2四半期決算の概要

第2四半期の売上高は前年同期比63%増の5億4520万ドル(約578億円)で、アナリスト予想の50%増を上回りました。

なお、為替中立ベースで見た場合、売上高は前年同期比で倍増以上となっています。

純利益は1620万ドルとなり、前年同期の赤字から転換しました。

1株当たり利益は0.31ドルでアナリスト予想の0.25ドルを上回りました。

メルカドパーゴの業績が引き続き注目されます。

決済総額は前年同期比47%増の65億2000万ドルで、決済件数は前年同期の倍以上の1億8000件でした。

特筆すべきは、決済件数の半分以上がメルカドリブレのマーケットプレイス以外のものでした。

マーケットプレイスも好調で売上金額は前年同期比85%増となり、GMV(流通取引総額)は8%増の約34億ドルでした。

なお、アルゼンチンを本拠とするメルカドリブレですが、第2四半期はメキシコでの売上が約4倍に急増し、ブラジルでも売上が74%増となりました。

一方、アルゼンチンの増収率は14%にとどまっています。

決算発表でCFOのペドロ・アーントは、「2019年内もラテンアメリカ全域でEコマースとフィンテック事業の成長が続くでしょう」と述べました。(提供:The Motley Fool Japan)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング