注文住宅でアレルギーフリーな生活を送ろう

ZUU online / 2019年9月17日 12時30分

写真

(写真=PIXTA)

シックハウス症候群という言葉を聞いたことはありますか。シックハウス症候群とは、建築の際に利用される建材や接着剤、塗料から放散される化学物質やカビ・ダニなどによって引き起こされる健康被害の総称です。これから住宅の購入を考えている人は、シックハウス症候群の症状が出ないような家づくりについても理解を深めておきましょう。

■家にいるとアレルギーが出る!シックハウス症候群とは

シックハウス症候群の症状は多岐にわたり、めまい、吐き気、頭痛、疲労感、蕁麻疹、湿疹といった全身症状が現れます。また鼻にツーンとしたものを感じる刺激感、鼻水、唇の乾燥、咳、涙目のように、アレルギーのようなものも症状の一つです。基本的に、これらの症状は原因となる環境から離れることで改善します。

家にいると上記のような症状が出るけれど、外出中はまったく症状が出ないという場合、それらの症状はシックハウス症候群によるものかもしれません。

■シックハウス症候群の原因となるもの

シックハウス症候群は建材や接着剤から放散されるホルムアルデヒド、揮発性有機化合物などの化学物質だけでなく、カビやダニ、タバコ、暖房器具の排気による空気汚染が原因となることもあります。シックハウス症候群が問題となったのは、1990年後半ごろのことです。住宅の高気密化によって、屋内の空気が汚染されやすくなったことが原因と考えられています。

花粉症のように、同じ場所にいてもシックハウス症候群を発症する人としない人がいるのも特徴です。

■新築住宅は建築法でさまざまな対策がなされている

シックハウス症候群が問題になった後、建築基準法によって建築材料や換気設備に対しての規制が設けられました。そのほかにも、住宅性能表示制度やホルムアルデヒドの等級制度によって、現在では体への影響が少ない住宅が建てられるようになっています。

●シックハウス対策規制とは

2003年に改正建築基準法が施行され、「化学物質による室内空気汚染を防止するための規則」が新設されています。この法律では、シックハウス症候群を引き起こす要因となる化学物質の室内濃度を下げるため、使用する建材に基準を設けています。また適宜換気されるよう、換気設備の設置も義務付けられました。

●住宅性能表示制度による基準

住宅性能表示制度は、共通の基準を設けて住宅の性能を評価し表示する制度です。新築住宅では設計段階から性能が評価され、工事の際に性能についての検査が行われます。調査後、内装材のホルムアルデヒド放散量を等級で示したり、完成時の化学物質濃度の測定結果を表示したりと、住宅の性能が一目で分かるようになっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング