住宅ローンの申込みに必要な書類は?申込みの流れと一緒に解説

ZUU online / 2019年8月30日 13時45分

写真

(画像=Jat306 / Shutterstock.com)

住宅ローンの申し込みには必要書類が多く、初めて住宅ローンを申請する場合は分からない点が多い。

しかし住宅ローンの申請は不動産購入の中で非常に重要な部分であるため理解しなければけない部分であるのは事実だ。

多くの住宅ローン必要書類は不動産会社からとりよせるものとなっているが、そのほかにも取り寄せる場所や書類の種類が多いので区別をしっかりする必要がある。

今回は住宅ローンの申し込み書類や申し込みの流れについて解説する。

■住宅ローンの申込みに必要な書類

住宅ローンの申込書類には「すべての人に共通して必要な書類」と「住宅ローンの用途によって必要な書類一覧」がある。

●すべての人に共通して必要な書類

まずはすべての人に共通して必要な書類をみていく。

ローン借入申込書 個人情報の収集や保有、利用、提供に関係する同意書となり労働金庫からとりよせる
本人確認証明書 運転免許証やパスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカード
収入確認資料 給与証明書や源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書を用意
健康保険証(写)
団体信用生命保険申込書兼告知書 労働金庫からとりよせる

ローン申込書や本人確認証明書、健康保険証(写)、団体信用生命保険申込書兼告知書はすぐに用意が可能なものだが給与証明書や源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書特に源泉徴収票に関しては会社を通さないといけないためすぐに用意するのが難しい。

従って住宅ローンを申請しようと考えたら時間がかかる証明書類を先にとりよせるようにしよう。

自営業の方は所得証明として確定申告書の控えが3年分必要になる。

●住宅ローンの用途によって必要な書類一覧

次に「住宅ローンの用途によって必要な書類一覧」をみていこう。

明細地図 不動産業者からとりよせ
登記事項証明書(全部事項) 不動産業者または法務局からとりよせ
・建築確認通知書(平面図添付) 不動産業者からとりよせ
請負契約書・見積書 不動産業者からとりよせ
売買契約書(重要事項説明書添付) 不動産業者からとりよせ
土地公図 不動産業者または法務局からとりよせ
土地の図面 不動産業者からとりよせ
分譲案内(パンフレット)・価格表 不動産業者からとりよせ
土地使用承諾書 労働金庫からとりよせ
土地賃貸借契約書(写) 不動産業者からとりよせ

多くの書類が必要に感じるが「土地購入のための住宅ローン新規申し込み」なのか「住宅ローン借り換え」なのかといった形で自分の目的別に必要な書類は異なってくる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング