中国国内で展開する中国企業の競争力が高まっている理由

ZUU online / 2019年9月8日 15時0分

写真

出典:Getty Images

モトリーフール香港支局、2019年9月2日投稿記事より

ラッキンコーヒー(NASDAQ:LK)やアンタ・スポーツ・プロ(SEHK:2020)などの中国企業の国内競争力が、スターバックス(NASDAQ:SBUX)やナイキ(NYSE:NKE)などの欧米競合企業に対して急速に高まっています。

優れたブランディング戦略と高品質な製品により、欧米多国籍企業は中国国内で多くの市場シェアを獲得し、価格を高く設定していました。

しかし、現在では状況は変わりつつあります。

■ 欧米ブランドに追いつきつつある中国ブランド

中国では富裕層が増えてきたため、中間層向け欧米ブランドはもはや「高級品」の恩恵を受けられません。

また、中国企業は効果的な広告戦略を展開し、以前よりも高品質の製品を製造するようになっています。

さらに、中国企業は高まるナショナリズムの恩恵を受けています。

「中国製品を買おう」という一般大衆の積極的行動が、中国企業への追い風となっています。

■ ラッキン対スターバックス

中国は一般的にお茶を飲む人の方が多いですが、中間層の増加によってコーヒー需要が高まっています。

スターバックスとラッキンコーヒーは、このトレンドの恩恵を受けています。

スターバックスは第3四半期(4月〜6月)末時点で、中国に3900店舗を展開していて、今後5年間でさらに約3000店舗を増やしたいと考えています。

スターバックスは、長期的には米国国内市場よりも中国で大きな事業展開を検討しています。

一方、スターバックスにとって最大の脅威と考えられているラッキンは約3000店舗あります。

現在、多くの消費者がスターバックスよりもラッキンを選択していることから、ラッキンのブランディング戦略は奏功しています。

ラッキンは、テクノロジーを活かした成長路線を推し進めた結果、急速に成長しました。

2017年に設立されたばかりですが、2019年第2四半期(4月〜6月)末には2963店舗を有し、前年同期比374.8%増となっています。

ラッキンはサプライチェーン管理からデータ分析、顧客エンゲージメントまで、ビジネスのあらゆる面でテクノロジーを活用しています。

ラッキンはオンライン注文と低コスト配達に重点を置いており、主に店舗内でサービスを提供しているスターバックスと比べていくつかの競争優位性があります。

ラッキンが成長し、テクノロジーを活用するにつれ、スケールメリットと交渉力の向上によって店舗運営の赤字は減少していくでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング