拡大する米国人の外食支出、この恩恵を受ける銘柄は?

ZUU online / 2019年9月13日 11時0分

写真

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2019年9月8日投稿記事より

日本では10月の消費税増税の悪影響を大きく受けそうな外食産業ですが、米国では外食が伸びています。

米国勢調査局によれば、2018年の米国世帯の外食支出は前年比6%増で、今年もこれまでのところ4%増のペースを維持していて、平均小売支出の3%増を上回っています。

では、米外食関連銘柄投資の好機なのでしょうか?

確かに外食市場は全体としては成長しているものの、外食業界は競争が極めて厳しく、テクノロジーの発達で多くの外食企業が姿を消しています。

では、米外食産業の勝者と敗者を見てみましょう。

■ 勝者と敗者

産業調査会社のテクノミックスが行った2018年の米レストランチェーン500社調査によれば、ファストフードチェーン、特にハンバーガーチェーンが堅調でした。

特筆すべきは、ジョージア州に本社を置くチキン・ファストフードチェーンのチックフィレイ(非上場)が売上高を前年比13.5%と伸ばして、前年の7位から5位に躍進したことです。

また、ミズーリ州に本社を置くベーカリーカフェチェーンのパネラ・ブレッド(非上場)が10位にランクインし、ヤム・ブランズのピザハットが圏外となりました。

調査によれば、サブウェイを除いたトップ10企業は売上高を伸ばしています。

また、出前サービスや健康的なメニューなどを充実させたチェーンの業績が堅調です。

2018年のトップ10米外食企業(売上高の順)

【マクドナルド(NYSE:MCD)】
≪2018年末の米国店舗数≫  13,914
≪米国店舗数の前年比≫  -0.9%
≪2018年の米国売上高≫  38億5000万ドル
≪米国売上高の前年比≫  2.4%

【スターバックス(NASDAQ:SBUX)】
≪2018年末の米国店舗数≫  14,606
≪米国店舗数の前年比≫  4.9%
≪2018年の米国売上高≫  19億7000万ドル
≪米国売上高の前年比≫  8.3%

【サブウェイ】
≪2018年末の米国店舗数≫  24,798
≪米国店舗数の前年比≫  -4.3%
≪2018年の米国売上高≫  10億4000万ドル
≪米国売上高の前年比≫  -3.6%

【タコベル/ヤム・ブランズ(NYSE:YUM)】
≪2018年末の米国店舗数≫  6,588
≪米国店舗数の前年比≫  2.2%
≪2018年の米国売上高≫  10億40万ドル
≪米国売上高の前年比≫  5.8%

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング