ネットで加入できる生命保険5選!3つのメリットとたった1つのデメリット

ZUU online / 2019年9月18日 17時15分

●SBI生命保険

SBI生命保険が提供している「クリック定期!」は保険市場における「昨年最も選ばれた保険ランキング」で3年連続1位を獲得している。同じく保険市場における「生命(死亡)保険ランキング」では37ヶ月連続1位を獲得しており、利用者から高い満足度のある保険会社だ。

契約者とその家族には医療・健康分野に限らず相続や年金、メンタル相談、介護関連などに関する質問をすべて無料で専門家へ相談することができる手厚いサービスもあり、2018年度の新規申し込み件数では前年比171%と契約者数は年々増加している。さらには全国約2,500箇所の提携医療施設で人間ドックの予約も代行しており割引価格で受診することができる。

●オリックス生命保険

オリックス生命保険は定期保険ランキング7年連続1位を獲得し、終身保険ランキングでは3年連続1位、医療保険ランキングでは6年連続1位と数々のランキングで高い評価を得ている保険会社である。

オリックス生命が提供している「医療保険新キュア」を筆頭にシンプルで分かりやすく合理性のある保障を低価格で提供していることから、新規契約件数は5期連続で50万件を超え契約者個人保険の保有契約件数は約400万件を超えている。格付投資情報センター(R&I)は保険金支払能力をA+と認定しており信頼と実績がうかがえる。

●FWD富士生命

「人々が抱く”保険”に対する感じ方・考え方を刷新すること」をブランドビジョンとしているFWD富士生命は、パシフィック・センチュリー・グループの保険事業部門としてアジア全域を代表する保険ブランドを目標としている。

FWD富士生命は1996年からサービスを展開しており20年以上保険を提供している歴史のある保険会社だ。2018年3月末時点で約118万件の保有契約件数、約1,617億円の保険料収入があり総資産は7,374億円にものぼる。予想外の出来事にも対応できる保険会社の「支払余力」を判断するソルベンシー・マージンは1,109.9%と高い数字を記録しているので安心できる保険会社と言える。

■インターネット保険に向いているのはこんな人

インターネット保険に向いている人の特徴を下記表にまとめたのでみていこう。

・自分が入るべき保険が明確
・保険内容を把握している
・今入っている保険料が高いと感じている
・店舗に出向き担当者と相談する時間がない

上記4つの項目に一つでも当てはまる人はインターネット保険に向いていると言える。インターネット保険では通常の保険会社と比べて低価格で保険を提供しているので、入るべき保険や保障内容を把握している人であれば問題なく安い価格で加入することができるだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング