【2019年最新】女性向け人気生命保険ランキング10選!選び方も徹底解説

ZUU online / 2019年9月18日 17時45分

写真

(画像=Brian A Jackson / Shutterstock.com)

生命保険には、契約満期時や解約時に保険料の一部が返ってくる「貯蓄型」と、少ない保険料で手厚い保証が受けられる「掛け捨て型」の2つに大きく分かれている。

特に女性の場合だと、女性特有の疾患や乳がんなど女性ならではの悩みが多く、万一のために保険に加入しておきたいと考えている方も多いのでないだろうか。保険は万一のためにも自分にあったものを選ぶのが大切だ。

今回は保険の選び方や女性向けの生命保険ランキングを紹介する。

■女性向け生命保険の5つの選び方

女性向け生命保険の選び方を5つ紹介するのでみていこう。

●「貯蓄型」と「掛け捨て型」どちらがおすすめ?

女性向けに限らず、どの生命保険に加入する際に選択しなければならないのが「貯蓄型」と「掛け捨て型」である。

「貯蓄型」というのは、先にも述べたが契約満期時や解約時に、満期保険金や解約返戻金という形でこれまで支払ってきた保険料の一部が返ってくる保険である。 これらの返ってくるお金を活用し、老後などのセカンドライフや家族のために充てることができる。

特徴として、契約期間内で保険を受けなかった場合や途中で保険を解約した場合でも支払った保険料の一部が返ってくる。ここで注意しておきたいのが、これまで支払った総額が返ってくる訳ではなく下回るケースも十分にあることだ。

また、数年間隔で生存ボーナスや健康一時金という資金が支払われるのも「貯蓄型」のメリットの一つだ。「掛け捨て型」と比べると毎月(毎年)の保険料が高いことも頭に入れておいてほしい。「掛け捨て型」というのは、少ない保険料で手厚い保証が受けられる保険である。

考え方として、みんなで少しずつ保険料を支払い、万一の事故が起きた際にみんなで出し合った保険料で賄う仕組みとなっている。だが契約期間を過ぎてしまえば手厚い保障を受けることはできず、「貯蓄型」とは異なるため保険料の一部が返ってくることもない。あくまでも期間内に限るので、注意しておいてほしい。

以上のことから「貯蓄型」は将来を見据えた積立をしていきたい方、「掛け捨て型」は月々の費用を抑えたい方に向いている保険であると言える。

●「終身型」と「定期型」どちらがおすすめ?

生命保険とは、リスクに応じて支払う保険料は上昇していく。
そのため「定期型」では、年齢が上がるにつれて保険料も上がっていくが、「終身型」では一生涯の期間を保障した終身保険なので、保険料も一生涯変わらない特徴がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング