土地活用とは?代表的な5つの活用方法や始める前の心構えも解説

ZUU online / 2019年9月19日 9時45分

アパートやマンションの場合は自分で管理するのか委託管理するのかで、自分が支出する金額が異なってくるが、不労所得を目指しているのであれば委託管理を選択しよう。

●地域に貢献できる

自身へのメリットとは言い難いが「地域に貢献できる」というのも土地活用の魅力だ。例えば土地活用を行った結果、自身が所有する土地にスーパーが建ったとしたら地域に貢献しているといえるだろう。居住してくる人や企業誘致ができれば、その地域の納税額は上がるのでこちらも地域に貢献しているといえる。

■土地活用にはリスクも存在する

土地活用のメリットが分かったところで、今度は土地活用のデメリットである土地活用のリスクを見ていく。土地は簡単に購入できるの金額ではないため、良くも悪くも動く金額が大きいのが特徴だ。

●空室リスク

賃貸経営の一番のデメリットといえる「空室リスク」は立地や人通り、その地域の需要といった細かな部分まで考えないと回避が難しい問題だ。しかも業者に任せた結果、最初は空室でなかったのに自分が購入したら空室になったという悪質なケースもあるから注意が必要だ。

●入居者リスク

次に挙げられるのが「入居者リスク」だ。これは入居者とトラブルになることによって金銭面や精神面での負担がかかってしまうケースだ。土地活用を委託すれば問題はないのだが、自分で行うとなると入居者とのトラブルは覚悟しておいたほうがいいだろう。

●市場変動リスク

最後に解説するのが「市場変動リスク」だ。市場変動リスクとは土地の価格が市場変動によって大きく変化することで、売買の値段や貸す際の値段が変わってくるということだ。こちらに対処するには土地活用のみを行うのではなく、他の資産運用を行うことでリスクヘッジ可能だ。

■代表的な5つの土地活用方法

土地活用の代表的なものを5つ見ていくことで土地活用にはどのようなものがあるのか確認していこう。

●マンション

土地活用のもっともオーソドックスなものがマンションを用いた土地活用だ。投資用マンションや賃貸マンションに大別され、投資用マンションだと地域に対する需要などの目利きがより一層必要になり、賃貸マンション経営だと比較的安定した収入を見込むことができる。

●戸建て

戸建ての場合はマンションほどの競合がなく土地が狭くても対応可能なのがメリットだ。また税制面での優遇を受けることもできる。

●駐車場

人通りは気にしたほうがいいものの、マンションや戸建てよりも全体的に経営ハードルが下がるのが駐車場を用いた土地活用だ。特に東京都心部で余った土地を駐車場にすれば、いくらかは利益の算段がつくところが多い。しかし、地方になると話は変わってくるので、都心なのか地方なのかによって駐車場にするかは気をつけたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング