空き地を収益不動産に!土地活用法やメリット・デメリットを紹介

ZUU online / 2019年9月26日 17時30分

メリットとしては、以下のような内容が挙げられる。

・戸建賃貸は人気のため、家賃価格も高めに設定できる
・入居者も早くみつけられる傾向が高く、すぐに収入へつながる
・固定資産税が6分の1に削減される
・都市計画税が3分の1に削減される
・建築物の固定資産税が3年間2分の1に削減される

またデメリットでは、以下の内容が挙げられる。

・貸す部屋数が、少ないため、入居者がいなくなると収入がなくなることもある

賃貸併用住宅経営は、1つの建物に対して自分が住む箇所と、賃貸としての箇所に分けた活用である。これは、今後二世帯住居として利用することも可能な特徴をもっている。

メリットとしては、以下のような内容が挙げられる。

・住宅ローンを利用することができる
・自宅として利用しながら、収入を得ることができる

またデメリットでは、以下の内容が挙げられる。

・住人の騒音が気になる
・利回りが高くない
・あまり利用されない

民泊やシェアハウス経営は、自分自身の空き部屋をサイト上に登録し、借りたい人とマッチングした場合に宿泊させるといった、活用法である。これを行うには、観光地などの特色ある場所でなければ、マッチングすることは難しい。

●土地活用の王道「駐車場経営」

空いた土地を活用するための方法の2つ目は、駐車場経営による活用である。駐車場経営は、不動産投資の中では「王道」といわれている。なぜならば、駐車場経営は、初期投資が少なく比較的手軽に始めることができるからである。

具体的に駐車場経営には、以下のような種類がある。

・月極駐車場経営
・コインパーキング経営

これら、駐車場経営について1つずつ紹介する。月極駐車場経営は、ローリスク・ローリターンの活用方法である。駐車場経営の中でも、初期投資が少なく済むことで、簡単に始めることができるところが特徴である。

また、金額の回収日も決まっているため、管理の仕方もとても楽に行うことができる。コインパーキング経営は、首都圏に近い場所で、ローリスクに行う活用方法の1つである。田舎の場合は、既に無料の駐車場が存在するため、需要としては低いといえる。しかし、首都圏においては、需要が高く活用する場所が大きく影響してくる。

メリットとしては、以下のような内容が挙げられる。

・初期投資が少なく始められる
・相続税の対策につながる
・首都圏付近であれば、収入が見込める

またデメリットでは、以下の内容が挙げられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング