田舎で土地活用するメリットやデメリット&土地活用方法も紹介

ZUU online / 2019年9月26日 17時45分

最後に中間処理施設に関する土地活用を解説する。中間処理施設が何か知らない人のためにどのような施設なのかを説明しておく。中間処理施設は産業廃棄物を処理しやすい形に変える役割を持ち、文字通り「中間処理」にあたる施設だ。

市街地では産業廃棄物をもってくることに抵抗がある人がおおいためなかなか中間処理施設をつくるのは難しい。そのため田舎の土地活用であれば反対意見も小さくなるので市街地よりも立てやすく、安定した収益源になることから割りの良い土地活用といえるのだ。

●行政や法人に貸し出す

田舎で土地を活用する事例の2つ目は、行政や法人に貸し出すということだ。具体的な事例としては、交流スペースを建設するなどの用途で土地を貸し出すといったことが挙げられる。

現状、地方都市における空き地問題については、関心を持つ自治体が増えてきている。そのため、行政が空き地に対しての後押しをしてくれる事例も多く見られる。このような状況からして、行政や法人に貸し出すといった活用方法も考えることが可能だ。また行政や法人に貸し出した場合の最大のメリットとなるのが「安定した不労所得」といえる。

不労所得の観点でいうと、建物を建てる土地活用のアパート・マンション投資も同じようなものではないか?と考える人も多いだろうが、個人に貸すのと行政や法人に貸し出すのとでは安定感がまるで異なる。もし個人に貸し出しを行った場合は貸し倒れや空室リスクを考えねばならなく、管理もやっかいなものになりがちだ。特に空室リスクは収益に直結しているとこなので、できれば回避したいところとなる。

その点、企業や法人に貸し出すことができれば空室になるといったことが回避できる可能性が高いため有利だ。これらの理由により、特に行政の人が借りたいと要請してきた場合は、何か理由がない限りは貸し出しをしたほうが賢明だ。

●売却して資産化する

田舎で土地を活用する事例の3つ目は、売却して資産化するという方法だ。土地を活用するという考えの中で、必ずしも土地を使って何かを運用していくことばかりが土地活用というわけではない。

もしも田舎の土地を保有していても、それ以上の活用方法を見つけられることなくただ放置されている状況なのであれば、売却するといった方法も土地活用の1つといえる。実は、田舎の土地において、誰かに貸すといったことができなくても、売るということはできる土地が多数存在する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング