【少額投資で大きな取引】投資における「レバレッジ」を理解しよう

ZUU online / 2019年9月27日 14時0分

写真

出典:Getty Images

投資におけるレバレッジと聞けば、FXを連想される方が多いかもしれません。

しかしFX以外にも、株式投資における信用取引や不動産投資における銀行からの融資、レバレッジ型投資信託など、レバレッジが絡む投資は多数存在します。

そのため、FXを利用しない投資家であっても、レバレッジについて知っておく必要があるでしょう。

レバレッジを上手く使えば少額の資金で大きなリターンが得られる反面、リスクも同じ割合で大きくなるため注意が必要です。

今回は投資におけるレバレッジの基礎的知識について、FXを中心に説明していきます。

レバレッジを上手く活用して、資産運用を成功させるお役に立てると幸いです。

なお、モトリーフール・ジャパンではレバレッジ等の短期取引を推奨してはおりませんので、ご了承ください。

■ レバレッジとは

レバレッジとは「てこ」を意味します。

てこの原理を利用すれば、小さな力で大きな物を動かすことができますよね。

それと同様に、レバレッジを利用した取引では、少額投資であっても大きな取引をすることができます。

通常はレバレッジ〇〇倍といったりします。

以前のFXにおけるレバレッジは、400倍までかけられる会社も存在していました。

これは、1万円の投資で400万円分の取引ができるということを意味します。

高倍率のレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンです。

そのため、日本国内の個人口座では投資家保護の観点より25倍までと規制されました。

なお、海外のFX会社では現在も400倍やそれ以上のレバレッジ取引が可能です。

■ FX以外の投資におけるレバレッジ

レバレッジ取引はFXが有名ですが、他の投資においても存在します。

□ 株式投資

株式投資におけるレバレッジ取引は、「信用取引」と呼ばれるものです。

信用取引の仕組みもFXのレバレッジ取引と同様で、投資金額よりも大きな取引をすることができます。

信用取引の場合は約3.3倍までのレバレッジをかけることが可能です。

投資信託においては、値動きが通常の株価指数よりも大きなレバレッジ型投資信託(ETF)というものがあります。

□ 投資信託(ETF)

レバレッジ型投資信託は、ハイリスク・ハイリターンであることに加え、株価指数が横ばいの状態では損失が出てしまうのが特徴です。

そのため長期投資には不向きであり、短期で値動きの動向が予測しやすい場合に限っての購入がベターでしょう。

□ 不動産投資

不動産投資におけるレバレッジは、銀行融資を利用した投資方法です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング