できる人は仕事は仕事、遊びは遊びと切り替えられる

ZUU online / 2019年10月15日 17時0分

写真

(画像=StockPhotosLV/Shutterstock.com)

(本記事は、米山公啓氏の著書『できる人の、脳の「引き出し」「スイッチ」「ブレーキ」』ぱる出版、2017年6月8日刊の中から一部を抜粋・編集しています)

■リセット術

リセット術とは、脳の休み方である。

何度も言っているが、人間がやる気を持ち続けるのは難しい。それは短期的にも長期的にも言える。また、集中力もずっと保ち続けるのは至難の業だ。そのため、どこかで脳を休ませる必要がある。

脳についての基本だが、左脳は数字や計算、文字などをはじめとした論理的思考を司っており、右脳は映像的な処理などをはじめとした直感的思考を司っている。

脳が疲れるというのは、このうちどちらか一方を使い続けているときに起こる。やる気はあるけど集中できないことも、飽きてしまうのも同じだ。

そこで、例えばずっと数字や文字を扱う作業をしていたのであれば左脳を使い続けていたことになるので、雑誌を読む、映像を見るなどをして右脳を使うような作業をする。右脳を使っている状態では左脳は休んでいるからだ。これは数分間でも効果はあるので、適度に、できれば飽きや疲れがやってくる前に意識的にやると良いだろう。

しかしながら、基本は何もしないでリラックスするのが良いリセット術である。これは左脳も右脳も働かせていない状態だ。もしも可能ならば、数分だけでいいので目を閉じてボーっとしてみよう。そのあとの作業への集中力が高まるのを感じられるだろう。

休憩する時間については、これも人それぞれではあるが、どこかで必ず休みを取ると決めておくことが大切だ。1時間やったら10分休む。30分やったら5分休むなど、自分なりのペースを探すと良い。

休憩もせずにやり続けるのは、やる気があったとしても結局のところ作業効率が落ちてしまうので、それならばはじめから決めてしまって、仕事のオンオフを仕事時間内に作ってしまえばいい。気持ちにも余裕が生まれるはずだ。

ここまでは短時間でできるリセット術だったが、休みの日や長時間のリセット術について説明しよう。

まず、できる人というのは遊び方が上手である。逆にできない人は家に帰っても仕事の資料に目を通したり、休みの日でも仕事のことをずーっと考えたりと、本来はリラックスする時間でさえも脳は働きっぱなしだ。

それが一概に悪いとはいえないが、仕事は仕事、遊びは遊びと切り替えられるのができる人であると心得よう。

頭は同じ部分を使わずに、別の部分を刺激すると休めるということは前述したが、内容が違うのであれば似たようなことをしても問題はない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング