日本の銀行が直面する「危機的状況」とは

ZUU online / 2019年10月23日 17時45分

写真

(画像=Anton Violin/Shutterstock.com)

(本記事は、大前研一の著書『大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」』インプレス2019年6月15日刊の中から一部を抜粋・編集しています)

■五年先の展望さえ描けない

かつて銀行といえば高給かつ安定した就職先として、就職希望ランキングの上位に挙がっていた業界である。しかしながら今となってはテクノロジーの進化に取り残され、五年先の未来像も描けない状況に陥っている。

銀行のビジネスは、主に「金を預かる」「運用する」「貸す」という三つから成り立っている。今まさにこれまでの銀行の役割が、フィンテックに取って代わられようとしているのだ。

現在、金融の世界で起こっている変化を、先行する中国の事例から紹介したい。

中国のアマゾンとも呼ばれるアリババグループのアント・フィナンシャルが提供する金融サービス「余額宝」(ユアバオ)と呼ばれるMMFは、ロボットにより運用され、人間を超えるパフォーマンスを生み出している。4%超の利回りを達成し、この実績により世界最大の28兆円もの資金が集まっているのだ。

資金の貸し付けにおいても、日本と中国の差は大きい。私が40年近くつき合っている日本のメガバンクで、資金調達の相談をしたときの話をしよう。私が資金調達を申し出ると、いつもの担当ではない他の行員が出てきて、分厚い申請書類を書けと言うのだ。しかも昔ながらのカーボンコピーに手書きである。さらに、借り入れには担保の設定が必要だと行員から真顔で言われて驚いた。私はこれまで電話料金の引き落としなどの期日に一度も遅れたことがないが、それでも担保がないと銀行は一切お金を貸さないと言い張るのだ。

数十年前と何も変わらない対応をされたわけだが、これが中国であればどうか。中国のフィンテックを代表する企業であるアント・フィナンシャルの融資は、次のようなものだ。

アント・フィナンシャルはビッグデータで個人の信用情報を平素から蓄積しているため、融資では瞬時に与信の判断をすることができる。同社は、この技術を活用して小規模企業や個人事業主向けの融資サービスを提供しているが、スピードがすさまじい。これを端的に表すのが、 融資サービスを説明するときに使う「3・1・0」だ。つまり、3分で融資申請をネットで記入すると、1秒でシステムが融資の審査をし、携わる社員はゼロである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング