インプット&アウトプットを加速する「メルマガ勉強法」

ZUU online / 2019年11月4日 6時5分

写真

NakoPhotography/Shutterstock.com

(本記事は、小林正弥氏の著書『億を稼ぐ勉強法』=クロスメディア・パブリッシング、2019年7月21日刊=の中から一部を抜粋・編集しています)

■インプット&アウトプットを加速する1日1分メルマガ勉強法

僕は日刊メルマガを通じて、

・具体的な経験から学んだことを抽象化してストック
・顧客に役立つ情報発信で信頼構築
・自分自身の内省

を毎日行っています。これが学習の最小サイクルです。日刊メルマガで毎日の学習サイクルを回しているからこそ、顧客に提供できる価値が高まり、結果として報酬が増えていく仕組みになっています。文章、音声、動画、何でもよいので、日々の情報発信を仕組みにすることをおすすめします。

●長い文章を書くと、自分の習熟度がはっきりわかる

こういった学習を続けている方には、本を書くことをおすすめしています。それは、ご自身の専門性を広く世の中に伝えられるということはもちろんですが、学習という観点で深い学びがあります。長い文章を書くと、自分の習熟度がはっきりわかるのです。

高い習熟度でないと、わかりやすい文章は書きにくいです。そして、単にノウハウだけ書いても熱量が伝わりません。やはり、自分や顧客の実践事例、成功事例が掲載されることで、より伝わる内容になると考えています。

本を書くということは、あなたの知識が体系化され、再現性高く実現できているということの証明です。僕は定期的に本を出すことを目標設定しています。これはブランディングのためでも、印税のためでもありません。自分自身の経済価値を高める「成長」のためです。

今回の本もそうです。「1億稼ぐ勉強法」というテーマで本を書くことは数年前から決めていました。自分で表紙もデザインしていたし、目次も書いていました。けれども、達成していなかった当時は、詳細に中身が書けません。書けない部分を、実際に達成している人に聞いて回り、知識武装しました。

しかし、自分やクライアントの実績がなくては机上の空論であり、僕が出版する必然性がありません。出版社は、単なる物知りの本を出してはくれません。けれども、自分とクライアントの実績が出せて、一定の再現性が認められれば、それは読者に役立つ本になり得ます。

このように、将来出版するということを自分の未来の年表にプロットして、そこから逆算して達成していくのです。

僕は現在、『ひとり経営で10億稼ぐ仕組みの作り方』という本を書き始めています。2019年6月時点では出版社の企画は通っていません。けれども、同様に結果が出せたら、日の目を見るかもしれません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング