ヤクルト VS 広島(2回戦 / 神宮) 試合終了

2019年3月21日 16時46分更新

チーム名
広島200100004 7
ヤクルト101100400 7
勝利投手
敗戦投手
本塁打
西川(広島)1号ソロ(4回小川)、雄平(ヤクルト)1号ソロ(4回ローレンス)、広岡(ヤクルト)3号ソロ(7回中村恭)、バレンティン(ヤクルト)3号3ラン(7回中田)、小園(広島)2号2ラン(9回石山)、堂林(広島)1号ソロ(9回石山)、バティスタ(広島)2号ソロ(9回石山)
バッテリー
ローレンス、中村恭、中田、菊池保、中崎 - 石原、白浜(広島)
小川、マクガフ、ハフ、近藤、石山 - 中村、松本直(ヤクルト)
開催日時 3月21日 13:00
球場 神宮
観衆 25,421人
試合時間 3時間32分
球審 柳田
塁審(一) 長井
塁審(二)
塁審(三) 川口

野球ニュース

【平成名勝負】負け投手で最後の打者…「延長15回制」が生んだ悲しき二刀流

スポーツ報知 / 2019年4月21日 3時0分

◆1996年(平成8年)9月8日(下関)ヤクルト20110100000001=6横浜00010220000000=5(延長14回)(ヤ)山本、松元繁、加藤、松岡、〇高津―古田(横)野村、西、大家、戸叶、米、佐々木、島田、●河原―谷繁、秋元当コーナーのタイトル「名勝負」とは少し違うかもしれない。だが、平成初期の11年間、1990年(平成2年)から2000年(同12年)までセ・リーグが実施していた「延[全文を読む]