西武 VS ソフトバンク(4回戦 / メットライフドーム) 試合終了

2019年10月13日 18時14分更新

チーム名
ソフトバンク001202202 9
西武000111000 3
勝利投手
高橋純(1勝 0敗 0セーブ)
敗戦投手
本田(0勝 1敗 0セーブ)
本塁打
今宮(ソフトバンク)1号ソロ(3回本田)、グラシアル(ソフトバンク)3号ソロ(4回本田)、メヒア(西武)1号ソロ(5回バンデンハーク)、今宮(ソフトバンク)2号2ラン(6回松本航)、山川(西武)1号ソロ(6回石川)、今宮(ソフトバンク)3号2ラン(9回増田)
バッテリー
バンデンハーク、嘉弥真、高橋純、石川、甲斐野、モイネロ、森 - 甲斐、高谷(ソフトバンク)
本田、平良、松本航、小川、ヒース、増田 - 森(西武)
開催日時 10月13日 14:00
球場 メットライフドーム
観衆 29,146人
試合時間 4時間0分
球審 木内
塁審(一) 橋本
塁審(二) 佐々木
塁審(三) 白井

野球ニュース

誠也、ついに打率5割に乗せる 3点追う初回、反撃のタイムリー二塁打 打点は13にNew

スポニチアネックス / 2019年11月17日 19時44分

◇第2回WBSCプレミア12決勝日本―韓国(2019年11月17日東京D)侍ジャパンの主砲・鈴木誠也外野手(25=広島)が国際大会「プレミア12」の決勝戦となった韓国戦(東京D)で初回に反撃のタイムリーを放ち、ついに今大会の打率を5割とした。台湾で行われた1次ラウンド初戦から8試合連続で不動の「4番・右翼」として先発出場。[全文を読む]