特集2018年1月16日更新

第158回「直木賞」「芥川賞」受賞作品は

第158回(2017年下半期)の直木賞と芥川賞が1月16日に発表されました。日本で最もポピュラーな文学賞といえる両賞の受賞作、さらに候補作も紹介します。

最新ニュース

前田日明×瓜田純士、和解の瞬間──“キング・オブ・アウトロー”が大放言「前田さん、滑舌が……」

日刊サイゾー / 2018年4月19日 20時30分

 前田日明(59)と瓜田純士(38)が、10年ぶりの和解を果たした。前田主催の格闘技大会『THE OUTSIDER』に出場していた瓜田が、会場で問題行動を起こして、追放処分を食らったのが2008年。 [全文を読む]

目次

第158回直木賞・芥川賞(2017年上半期)受賞作

第158回直木三十五賞は『銀河鉄道の父』の門井慶喜氏、芥川龍之介賞は『百年泥』の石井遊佳氏と『おらおらでひとりいぐも』の若竹千佐子氏が受賞しました。

直木賞は門井慶喜『銀河鉄道の父』

銀河鉄道の父

作者門井慶喜
出版社講談社
発売日2017年9月13日
関連サイト 講談社作品紹介ページ

直木賞候補3度目で受賞

門井氏は1971年11月2日群馬県桐生市生まれ。栃木県宇都宮市出身。94年同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(日本史)卒業。2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞。06年『天才たちの値段』で単行本デビュー。15年に『東京帝大叡古教授』で第153回直木賞、16年に『家康、江戸を建てる』で第155回直木賞候補になっていた。

関連記事

芥川賞は石井遊佳『百年泥』と若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』

百年泥

作者石井遊佳
掲載誌『新潮』2017年11月号
発売日2017年10月7日
関連サイト 新潮社作品紹介ページ

芥川賞初候補で受賞

石井氏は大阪府枚方市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科インド哲学仏教学博士課程満期退学。日本語教師。2017年『百年泥』で第49回新潮新人賞を受賞。芥川賞は初候補。

関連記事

おらおらでひとりいぐも

作者若竹千佐子
出版社河出書房新社
発売日2017年11月17日
関連サイト 河出書房新社作品紹介ページ

若竹氏も初候補で受賞 史上2番目の年長受賞

若竹氏は1954年岩手県遠野市生まれ。岩手大学教育学部卒業。現在、主婦。2017年『おらおらでひとりいぐも』で第54回文藝賞を受賞しデビュー。芥川賞は初候補。

関連記事

第158回直木賞(2017年下半期)候補

くちなし

作者彩瀬まる
出版社文藝春秋
発売日2017年10月26日
関連サイト 文藝春秋作品紹介ページ

関連記事

彼方の友へ

作者伊吹有喜
出版社実業之日本社
発売日2017年11月17日
関連サイト 実業之日本社作品紹介ページ

関連記事

銀河鉄道の父

作者門井慶喜
出版社講談社
発売日2017年9月13日
関連サイト 講談社作品紹介ページ

関連記事

火定

作者澤田瞳子
出版社PHP研究所
発売日2017年11月20日
関連サイト PHP研究所作品紹介ページ

関連記事

第158回芥川賞(2017年下半期)候補

百年泥

作者石井遊佳
掲載誌『新潮』2017年11月号
発売日2017年10月7日
関連サイト 新潮社作品紹介ページ

関連記事

雪子さんの足音

作者木村紅美
出版社講談社
発売日2018年2月2日
関連サイト 講談社作品紹介ページ

関連記事

愛が挟み撃ち

作者前田司郎
出版社文藝春秋
発売日2018年1月30日
関連サイト 文藝春秋作品紹介ページ

ディレイ・エフェクト

作者宮内悠介
掲載誌『たべるのがおそい』vol.4
発売日2017年10月中旬
関連サイト 文学ムック たべるのがおそいvol.4

単行本は2月7日に発売予定。

関連記事

昨年の直木賞&芥川賞受賞作

月の満ち欠け

第157回直木賞(2017年上半期)受賞

作者佐藤正午
出版社岩波書店
発売日2017年4月5日
関連サイト 岩波新書作品紹介ページ

関連記事

蜜蜂と遠雷

第156回直木賞(2016年下半期)受賞

作者恩田陸
出版社幻冬舎
発売日2016年9月23日
関連サイト幻冬舎作品紹介ページ
特設ページ

関連記事

影裏

第157回芥川賞(2017年上半期)受賞

作者沼田真佑
出版社文藝春秋
発売日2017年7月28日
関連サイト 文藝春秋作品紹介ページ

関連記事

しんせかい

第156回芥川賞(2016年下半期)受賞

作者山下澄人
出版社新潮社
発売日2016年10月31日
関連サイト 新潮社作品紹介ページ

関連記事

関連ニュース