日大アメフト悪質タックル ピックアップニュース

日本大学と関西学院大学によるアメリカンフットボールの試合で、日大の選手が関学大の選手に危険なタックルをして負傷させた問題。タックルをした日大選手が行った22日の記者会見を受け、23日には日大の内田正人前監督と井上奨コーチが緊急会見を開き、この会見が各方面で大きな話題となっています。それらを伝える記事の中から興味深いものをいくつかピックアップしました。

アメフト悪質タックル問題に関する最新ニュース

内田正人前監督

内田前監督と井上前コーチを警視庁が任意聴取…日大アメフト悪質タックル問題

スポーツ報知 / 2018年8月18日 8時10分

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、警視庁が内田正人前監督(63)と井上奨前コーチを任意で聴取していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。5月の関学大との定期戦で無防備な関学大選手が背後からタックルされ、約3週間のけがを負ったとされる。 [全文を読む]

悪質タックル問題ピックアップニュース

アメフト悪質タックル問題の関連ニュース