日大アメフト悪質タックル ピックアップニュース

日本大学と関西学院大学によるアメリカンフットボールの試合で、日大の選手が関学大の選手に危険なタックルをして負傷させた問題。タックルをした日大選手が行った22日の記者会見を受け、23日には日大の内田正人前監督と井上奨コーチが緊急会見を開き、この会見が各方面で大きな話題となっています。それらを伝える記事の中から興味深いものをいくつかピックアップしました。

アメフト悪質タックル問題に関する最新ニュース

メッセージ入りの白球を入れる日大芸術学部の学生たち。アメフット部の悪質なタックルが社会問題化する中、アートで率直な思いを表現している=田原和宏撮影

日大:芸術学部が展示 白球に「らしさ」「誇り」書き込み

毎日新聞 / 2018年6月22日 11時47分

 日本大芸術学部江古田キャンパス(東京都練馬区)で学生らの日ごろの思いを白球に託して表現する展示企画「Voice! POOL」が行われている。アメリカンフットボール部の悪質なタックルが社会問題化している渦中でもあり、白球には複雑な学生たちの心境も垣間見える。 [全文を読む]

悪質タックル問題ピックアップニュース

アメフト悪質タックル問題の関連ニュース