特集2018年1月3日更新

2018年にブレイクしそうな芸能人

俳優・女優からアイドル、ミュージシャンや芸人まで、2018年にブレイクしそうな芸能人をまとめました。優勝すると仕事が一気に増えることでも有名な「M-1」などのイベントが先月終わったばかりですが、いつどんなことがきっかけでブレイクするか分からないのも楽しいところです。それではさっそくご紹介します。

目次

ブレイクしそうな俳優・女優

桜田ひより(さくらだ ひより)

子役としてキャリアをスタートし、2014年には芦田愛菜さん主演のドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で“ピア美”役を演じて注目されました。最近ではドラマ『ホクサイと飯さえあれば』(MBS/TBS)に出演するなど、ナチュラルな役からシリアスな役までを器用に演じる演技派美少女女優として評価されています。

健太郎(けんたろう)

生年月日1997年6月30日
所属事務所aoao
公式ページ健太郎 Kentaro | PROFILE
高校3年生の上条喬樹を演じる健太郎は、2014年の役者デビュー以来、さまざまな話題作への出演が続く20歳の若手。今年も初主演作を含む出演映画が4本公開されるなど、どんな人物にも化ける演技力を武器に急激に認知度を上げている注目の俳優。

清原翔(きよはら しょう)

生年月日1993年2月2日
所属事務所スターダストプロモーション
公式ページ清原翔のプロフィール
ブログ清原 翔 | BLOG | メンズノンノ ウェブ
Instagram清原翔 (@mrkiyotan)
「MEN'S NON-NO」の専属モデルを経て俳優業に進出した清原翔が映画『リベンジgirl』(12月23日公開)で桐谷美玲演じるヒロイン宝石美輝の相手役の一人に抜擢され、メンノン出身の新たなスター誕生か!? と注目されている。
そんな彼は今年1月に連続ドラマ「レンタルの恋」(TBS系)で連ドラ初出演したばかり。結婚情報誌「ゼクシィ」のCMで、10代目CMガールの佐久間由衣の新郎役を務め、あまりにフレッシュな笑顔に「このイケメンは誰!?」と世の女子をざわつかせた。続いて連ドラ「警視庁いきもの係」(フジテレビ系)、映画『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズに出演し、じわじわと俳優としての認知度を高めてきた。

矢崎希菜(やざき きな)

生年月日2001年3月24日
所属事務所サンズエンタテインメント
公式ページ矢崎希菜 | サンズエンタテインメント
矢崎は現在、「アクエリアス」や「丸美屋 混ぜ込みわかめシリーズ」、「ACジャパン 交通遺児育英会」などのテレビCMに出演しており、次なるブレイクを期待される注目女優のひとり。
東京都出身で高校2年生の矢崎は、中学3年のときに夏祭りにてスカウトされ、高校1年生でデビュー。わずか1年でこの活躍ぶりだ。
そんな矢崎が目指すのは女優。「朝ドラに出演すること」を目標に掲げ、尊敬する人に土屋太鳳や杉咲花といったNHK朝ドラに出演した女優の名を挙げている。

志尊淳(しそん じゅん)

生年月日1995年3月5日
所属事務所ワタナベエンターテインメント
公式ページ志尊 淳|ワタナベエンターテインメント
ブログSHISON JUN OFFICIAL BLOG
Twitter志尊淳(@jun_shison0305)
Instagram志尊淳/jun shison (@jun_shison0305)
現在発表されているキャストの中でブレイク候補は、「女子的生活」(NHK総合)で主演を務める志尊淳。トランスジェンダーのOLという難易度の高い役柄に挑戦するほか、プライム帯初主演だけに、成功すれば反響は大きくなるはず。

内田珠鈴(うちだ しゅり)

生年月日2001年4月26日
所属事務所つばさプラス
公式ページ内田珠鈴
Twitter内田珠鈴(@shuri_uchida)
Instagram内田珠鈴 (@shuri_uchida)
ブログ内田珠鈴 公式ブログ
ファッション誌「JSガール」の元専属モデルとして歴代最多となる14回の表紙を飾った実績を持っている内田。今年福岡から上京してからはモデルのみならず、歌手としても活動中。さらに、活動3ヶ月で企業のイメージモデルやウェブCMなどのオーディション合格率は9割以上。今回の「LINE」を合わせるとCM5本目となる。

竹内愛紗(たけうち あいさ)

生年月日2001年10月31日
所属事務所Sweet Power
公式ページ竹内愛紗|Sweet Power
今年デビューしたばかりにもかかわらず、現在放送中の「明日の約束」でドラマ初出演、12月23日公開「リベンジgirl」で映画初出演を果たすなど注目を集める竹内。

浜辺美波(はまべ みなみ)

生年月日2000年8月29日
所属事務所東宝芸能
公式ページ浜辺 美波|東宝芸能オフィシャルサイト
ブログ浜辺美波 公式ブログ
浜辺美波は、11年の第7回東宝「シンデレラ」オーディションでニュージェネレーション賞を受賞した新進気鋭の女優である。「東宝シンデレラ」は第1回グランプリの沢口靖子をはじめ多くの女優を輩出してきたが、近年は受賞者の低年齢化が際立っており、第5回でグランプリに輝いた長澤まさみは12歳、第7回の浜辺美波は11歳。「君の名は。」でブレイクした上白石萌音も、同7回で審査員特別賞を受賞した時は12歳だった。
「いわば子役と言える年齢で受賞しているのですが、その彼女たちが世の注目を浴びた年齢を検証すると、16歳というキーワードが浮上するんです」(映画ライター)

佐野勇斗(さの はやと)

生年月日1998年3月23日
所属事務所スターダストプロモーション
公式ページ佐野勇斗のプロフィール
Instagram佐野勇斗 (M!LK)(@sanohayato_milk)
98年生まれで今まさにブレーク前夜を迎えているのが、新ドラマ「トドメの接吻」(1月7日スタート、日本テレビ系)に出演する佐野勇斗(さの・はやと)だ。
’16年の「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)では、菅野美穂演じる主人公・亜紀一家の“長男”・和樹役で連続ドラマ初レギュラーを務め、「あのイケメンなお兄ちゃんは誰?」と注目を集めた。俳優業のかたわら5人組ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバーとしても活動している。

葉山奨之(はやま しょうの)

生年月日1995年12月19日
所属事務所トライストーン・エンタテイメント
公式ページ葉山 奨之
Instagram葉山奨之 (@officialshonohayama)
葉山は、2011年ドラマ「鈴木先生」(テレビ東京)の千代田役で俳優デビュー。2012年公開『トテチータ・チキチータ』で映画初出演を果たし、2015年にNHK連続テレビ小説「まれ」で主人公の弟を演じた。その後も映画『きょうのキラ君』『青空エール』などの人気作への出演が続き、役の幅を広げている。ドラマ「僕たちがやりました」(カンテレ・フジテレビ系)では“クズ男”ぶりが、そして「セトウツミ」(テレビ東京)ではお調子者ぶりが話題を呼んだ。

杉野遥亮(すぎの ようすけ)

生年月日1995年9月18日
所属事務所トップコート
公式ページ杉野遥亮 | TOP COAT
Twitter杉野遥亮(@suginoofficial)
185cmという長身の杉野は、2015年に「FINE BOYS」専属モデルオーディションでグランプリを獲得し芸能界入り。そして翌年、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で俳優デビューを果たしたのだが、この時の役が、主人公・河野悦子(石原さとみ)のいる出版社「景凡社」にやってくる印刷会社の営業マン、正宗信喜。デビュー時から名前入りの役をゲットし、さらに礼儀正しくて好青年な役柄でドラマファンの心もつかんでしまったのだ。

ブレイクしそうなアイドル

小坂菜緒(こさか なお)

生年月日2002年9月7日
所属事務所ソニー・ミュージックレーベルズ
公式ページ小坂 菜緒 | 欅坂46公式サイト
今年8月に行われたけやき坂46・2期生オーディションに合格し、グループ加入を果たした小坂。その選考時のPR動画配信の段階からその美少女ぶりが話題になっていましたが、今年10月に放送されたグループの冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)でテレビ初お披露目されると、『エース候補きた!』『ダントツでかわいい!』などと絶賛する声が殺到。

SUPER☆GiRLSの浅川梨奈と渡邉幸愛

アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」にブレイクのきざしがあるといい、中でもメンバーの二人が注目を集めています。

エイベックス初のアイドルグループとして2010年にデビューしたSUPER☆GiRLS。以来着実に人気と知名度をアップさせてきていますが、昨年頃から2期メンバーの浅川梨奈(なな)さん、渡邉幸愛(こうめ)さんが雑誌グラビアで人気急上昇、それをきっかけにグループ全体での本格的なブレイクのきざしが見えてきています。

浅川梨奈(あさかわ なな)

浅川さんは2015年に『週刊プレイボーイ』でグラビア初登場し、“1000年に一度の童顔巨乳”のキャッチフレーズで、その愛らしい笑顔と豊かなバストとのギャップで注目され、以来、多くの漫画雑誌、青年誌のグラビアで表紙やグラビアを飾り、今やグラビア界を引っ張る一人として一躍人気者になっています。
女優としては、昨年末に公開された『14の夜』にヤンキー娘役で出演し注目されたあと、今年に入って映画&ドラマ『咲-Saki-』にメインキャストの一人として出演するなど話題作に続々出演。

渡邉幸愛(わたなべ こうめ)

宮城県出身で、仙台で結成されたアイドルグループ「Party Rockets」の初代リーダーとして活躍。活動を全国区に広げる中、2013年に同グループを卒業。翌年に2期メンバーとしてSUPER☆GiRLSに加入しました。
浅川さんとともに漫画誌、青年誌の表紙やグラビアで活躍、その“困り顔”の愛らしさで人気者になりました。

CY8ER(サイバー)

所属事務所ICIGO STYLE
公式ページCY8ER
TwitterCY8ER(@CY8ERinfo)
CY8ER(サイバー)は前身ユニット、BPM15Q(ビーピーエムいちごキュー)」から苺りなはむ(元BiS、元アキシブproject)が中心となって集まった6人組ユニット。他のメンバーも、ましろ(元DEEP GIRL)、藤城アンナ(元BELLRING少女ハート、元ICE CREAM SUICIDE)といったグループ経験のある精鋭ぞろい。そのコンセプトは“世界を騒がすサイバーテロアイドル”。

ブレイクしそうな歌手・ミュージシャン

King Gnu(キングヌー)

東京藝術大学出身のマルチクリエイター、常田大希が率いる4人組バンド、King Gnu。今年4月にバンド名を前身バンドであるSrv.Vinci(サーバ・ヴィンチ)から改名し、『FUJI ROCK FESTIVAL ’17』などの大型フェスに出演。先行配信曲「Tokyo Randez-Vous」はSpotifyのバイラルチャートでTOP 5にランクインし、10月25日には1stアルバム『Tokyo Rendez-Vous』が発売された。

ブレイクしそうなお笑い芸人

かまいたち

所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式ページかまいたち プロフィール
Twitter山内健司(@yamauchi0117)
Twitterかまいたち濱家(@hamaitachi)
「関西ではテレビ・ラジオなどで8本のレギュラーを抱えている売れっ子。ネタが面白いのはもちろん、ロケやひな壇のフリートークもいけるので、関西では実力派として活躍しています。今回の優勝をきっかけに本人達も東京進出に意欲を見せていますよ」(番組関係者)

とろサーモン

所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式ページとろサーモン プロフィール
Twitterとろサーモン村田(@toromurata)
Twitterとろサーモン久保田かずのぶ(@kubotakazunobu)
2017年の「M-1」で優勝したとろサーモン。両者ともアラフォーで、芸歴10年を超えるベテラン。漫才の質の高さは誰もが認めるところだ。
「M-1」で複数回敗退を経験しながらも挑戦し続け、ラストチャンスで栄光を掴んだことも印象の良さに繋がっているのかも。

レインボー

所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式ページレインボー プロフィール
Twitterレインボー 実方 孝生(@kando_jjj)
Twitterレインボー 池田直人(@ikenao0919)
YouTube【公式】レインボーチャンネル
ブルゾンちえみ、日本エレキテル連合、おかずクラブといったブレイク芸人の登竜門となっている元日恒例の日本テレビ系『ぐるナイ おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP』が放送され、2016年2月結成のお笑いコンビ・レインボーが優勝。結成から約2年で「ネクストブレイク芸人」の切符を手にした。
ともにNSC東京校18期生として卒業後、2016年2月まで「感動ピスト」というコンビで活動していた実方孝生と、同年1月までおばたのお兄さんを相方に「ひので」というコンビ名で活動していた池田直人によって結成された同コンビ。

若者のテレビ離れなどが話題になっている昨今ですが、エンターテイメント業界の再燃にも期待したいところです。