特集2018年2月14日更新

花粉症シーズンを乗り切る! 対策法と最新グッズ

スギやヒノキの花粉が舞い、花粉症の人を苦しめるシーズンに間もなく突入します。今からでも間に合う、花粉症の季節を乗り越えるための方法や最新グッズなどをまとめてみました。

目次

2018年の花粉はどうなる?

2018年春の花粉飛散予測

花粉のピーク予測

2018年スギ花粉の飛散は2月上旬から

日本気象協会が16日に発表した2018年春の花粉飛散予測ではスギ花粉の飛散開始は例年並み。2月上旬に九州や中国地方、四国、東海、関東地方の一部から花粉のシーズンが始まる見込みです。

スギ花粉の飛散量は?

2018年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。東北から中国地方、四国にかけて、前シーズン比で「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。

寒波の影響で飛散開始時期が遅れるかも?

日本気象協会の花粉予測では、関東から九州の太平洋側でまもなく花粉シーズンに入ると予想されます。ただ、記録的な寒波により、これまで極端な低温が続きました。都心の1月1日からの積算気温は、飛散時期の目安となる数字に達しておらず、飛散開始(※)時期が遅れる可能性があります。

すぐできる花粉症対策まとめ

そもそも花粉症ってどういうもの?

花粉によってアレルギー反応が起きている

ヒトには体内に入った外敵や異物を排除するように働く免疫システムがそなわっています。ところが、花粉を吸い込んだときに、その免疫システムが過剰に働くとアレルギー反応を引き起こすことがあります。

花粉症でつらい症状は

スギ花粉による花粉症の症状がある1,000名に、スギ花粉飛散シーズンの症状を尋ねました。多いものは上位から「鼻水」94%、「くしゃみ」89%、「眼のかゆみ」81%。そして、最もつらい症状を尋ねると、上位から「鼻水」40%「眼のかゆみ」23%、「鼻づまり」21%と続きました。

花粉のストレスはどれくらい?

「花粉ストレス」は、暑さ・寒さのほか、満員電車・残業・長時間の会議など以上にストレスを感じる人が多いようです。
さらに、「花粉シーズンは、仕事の効率が落ちやすいと思いますか?」という質問では、実に87%が「そう思う」と回答。どれくらい効率が下がると思うかを聞くと、平均は「4割」という結果になりました。花粉シーズンは、通常時と比べて、効率が4割も下がってしまうようです。

今日からできる花粉症対策

「花粉に触れないこと」が一番!

花粉症の根治療法の最たるものは「物理的に花粉を体へ入れない」事。シーズン入りしたらまずマスクや花粉用メガネで防護するという人も多いと思います。とあるアンケート調査でも、花粉症対策にはマスクをするがトップに。薬を飲んだりうがいや手洗い、洗濯物を室内干しにするという意見も多く集まっていました。

家に入る前に花粉を落とす習慣を

「寒いのをがまんして、コートについた花粉を払い落とすのは、玄関ではなく、家の外で。そして家に入ったら、すぐにシャワーを浴びましょう。そのほかに、500mlの湯冷ましに小さじ1杯弱の食塩を溶かしたもので、鼻うがいや目の洗浄を行うのもおすすめです」

「家の外で花粉を払うのはまだちょっと寒いなあ」という方には、室内で濡れタオルなどを使う方法もあるそうです。

家の中に花粉を入れないようにするためには、はたいて花粉を落とすのではなく、濡れタオルやウェットティッシュ、粘着シートなどで舞い上がらせないようにふき取りましょう。

手洗いだけでなく洗顔も

あまり実行している方はいないかもしれませんが意外と効果があるのが洗顔です。外から帰ってきたら、手洗いと一緒に洗顔もしましょう。これだけでも顔の周りの花粉を落とすことができるので、特に目のかゆみ対策におすすめです。

髪についた花粉をシャワーで落とす

——目や鼻を洗うのは有効?→○

渡邊:帰宅後の洗顔は効果があります。「花粉をすぐに洗い流すこと」と「家の中に花粉を持ち込まないこと」が大切です。特に髪の長い女性は、髪に大量の花粉がついてしまうので、帰宅後すぐにシャワーを浴びることをおすすめしています。

掃除機より拭き掃除

こまめに掃除するのは良いことですが、掃除機を使うと排気口から花粉をまき散らすことになってしまいます。床に落ちた花粉は、ぬれ雑巾やフローリングワイパーでふき取りましょう。カーペットの場合は、水拭きではなく粘着シートを使いましょう。

マスクができない時は目と鼻にワセリン

次の記事は花粉症の子供を持つ母親に対するアドバイスですが、大人でも応用できそうです。

マスクをつけることもお勧めですが、嫌がる時は目の周り・鼻の下にワセリンを塗っておくと花粉の侵入を防げます。(産科看護師)

乳酸菌は摂り続けることが大事

「ヨーグルトに含まれる乳酸菌には免疫を調整する作用があり、症状を軽くできる効果が期待できます。ただし、即効性があるわけではなく、1、2か月の間、毎日食べないと意味がありません。1、2日食べただけで“効果がない”といってやめる人もいますが、腸内にある常在菌は変わらず、腸内環境は元に戻ってしまうので、きちんと続けてください」

家にいる時の花粉対策は?

家における花粉対策のポイントは「持ち込まない」「除去する」の2つです。
例えば、窓を開ける時に網戸を閉めれば約27%、レースカーテンを使用すれば約50%も花粉の侵入を防ぐことができます。また、洗濯物や布団を取り込む前に払うと、タオルでも約46%、Tシャツで約65%、布団なら約57%の花粉を除去できます。玄関先で服や体を手で払うだけでも服に付いた花粉が約1/3になります。

グッズやアイテムを使った対策

グッズで手っ取り早く花粉症対策

花粉を水に変えるマスク

説明によると『花粉を水に変えるマスク』は、花粉などのタンパク質を分解し、水に変える“ハイドロ銀チタン®テクノロジー”を用いた医師考案によるマスク
この“ハイドロ銀チタン®テクノロジー”は、同社の代表であり医師・岡崎成実氏によって開発。花粉、ハウスダスト、カビなどのタンパク質を分解して水に変える画期的なクリーン技術だという。

ダチョウ抗体マスク

インフルエンザウイルスの抗体を持ったダチョウの卵から採取された「ダチョウ抗体」を浸透させたフィルターが使用されており、フィルター内の抗体がウイルスと結合することで、ウイルスを不活性化させてくれます。季節性のインフルエンザだけでなく、新型インフルエンザや鳥インフルエンザの予防、花粉症やPM2.5対策にも効果を発揮してくれます。

bo-biカロリー

「bo-biカロリー」は、10層の異なる機能を持つフィルターを内蔵することにより、花粉、PM2.5、ウイルス飛沫対策に加えて、呼吸に負荷を与えることでカロリー消費(1日200~400kcal)も促す次世代マスク製品です。
2017年2月より市場調査を開始しましたが、この度の本格的な発売を前に、従来製品でも花粉を99%カットしていたフィルターを改良。ただカットするだけでなく世界で初めて、花粉より細かな微粒子で、花粉症の直接的な原因物質となる花粉・ダニアレル物質までもカットし付着した瞬間から低減(不活性化)させる事に成功しました。花粉アレルゲンを低減させることにより、吸い込んでも症状が出ない効果が発揮されます。

パブロンマスク365

ウイルスをカットするだけではなく、光触媒の力で分解してくれるのが「パブロンマスク365」です。
太陽光はもちろん、室内灯でも高い分解反応を発揮してくれる“V-CAT”という光触媒が採用されているので、外出中でも室内でもマスク表面のウイルスを分解してくれます。ウイルスだけでなく花粉や匂いも分解可能。

花粉対策メガネ「AIR VISOR」

花粉対策メガネ「AIR VISOR」は、花粉を最大95%カット(分析センター調べ)することが可能。花粉シーズンをより快適に過ごせるよう、マスクと併用しても曇りにくい「防曇レンズ」を標準搭載しているほか、耳や鼻の部分が自身で調節できる設計になっている。キッズタイプではフロントの内側にラバー素材を使用しフィット感を向上するなど、安全性にも配慮している。度付き対応も可能だ。

JINS 花粉CUT MOIST

アイウェアブランドのJINSより、毎年好評を博している花粉対策用アイウエアシリーズ「JINS 花粉CUT(ジンズ カフンカット)」の新モデル「JINS 花粉CUT MOIST(ジンズ カフンカット モイスト)」が登場。
花粉の侵入を最大で98%カット、マスク併用を考慮したくもり止めレンズを搭載し、飛躍的に標準機能が向上しました。「MOIST」ではそこに新たに“保湿機能”が加わりました。

花粉対策コート

本年度はコートの生地に「アレルビート(R)」(小松精練社)を採用。繊維表面に付着させた「抗アレル物質剤」が花粉症の原因となる「花粉アレル物質」を包み込み、働きを抑えます。また、AOKIのコートの強みである“ストレッチ”の機能性を付加。“花粉対策”機能と“ストレッチ”機能を兼ね備えたビジネスシーンで楽に動ける快適なスプリングコートが完成しました。

アレルブロック 花粉ガードスプレー FOR MEN クイックプロテクト

髪や肌、洋服に1日1回たった3秒間スプレーするだけで、微細ミストが広がり帯電ブロックのバリアを形成することで有害物質(花粉、ウイルス、PM2.5、ハウスダスト)をよせつけない。また、保湿成分としてヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンを配合した。さらに、天然精油(ペパーミント)を配合しており、ふわっと爽やかなシトラスマリンの香りが特長。皮膚アレルギーテスト済み。

アルガード エアシャワーZERO

「家の中だけでも快適に過ごしたい」という人に向け、気になるところにスプレーするだけで家の中の花粉やハウスダストなどのアレル物質を97%無効化するスプレーを開発。
帰宅時の衣類や洗濯物、リビングや寝室の布製品、壁、車内などの生活空間における様々なシーンで使用可能だ。花粉、ダニ(糞・死骸)、ハウスダストなどに吸着し除去してくれる。約650回スプレーでき、無香料、無着色。

ホットクレンジングジェル スプリング

まず1つ目は、花粉をオフする成分を配合したホットクレンジングジェル「ホットクレンジングジェル スプリング」(200g / 税別1886円)。
スキンケアブランド「skinvill(スキンビル)」から2018年2月1日に発売されるこの商品は、メイクのみならず、花粉やホコリなどの “大気微粒子汚れ” まで落としてくれるらしいんです。

アレルブロックフィルター

同社では、従来より好評を得ていたホコリとりフィルターシリーズの通気口用と網戸用のフィルターを厚手化し、抗アレル物質加工をプラスして新たに『アレルブロックフィルター』シリーズを開発しました。
2003年に24時間換気システムの設置が義務化されて約80%強の世帯に通気口があり、設置数は今後も増えると予測されます。その通気口も窓と同様に花粉やPM2.5の侵入経路となります。そこで開発されたのが、通気口や網戸からアレル物質の侵入を防ぐ『アレルブロックフィルター』です。

家電を投入してさらに対策強化

加湿王ゴジラ

外観は、ファンから根強い人気を誇る「ゴジラvsモスラ」の通称「バトゴジ」をデフォルメしたもの。ゴジラバンクで好評だった音声、音楽などリアルサウンドを搭載し、ACアダプター使用で勢いのあるミスト噴射を実現した。LEDによる照射でミストが青白く見え、ゴジラの吐く放射熱線のようだ。水がなくなったらオートOFF、連続使用時間は連続モード、簡潔モードの切り替えで調整可能のすぐれものだ。

空気清浄機「LEAF 120」

コンパクトなボディには強力なファンと高性能フィルターを搭載。フィルターの物質捕獲サイズは0.09㎛で、空気中の花粉やホコリ、たばこのにおいはもちろん、PM2.5よりも小さいPM0.1も確実に捕捉して除去します。
また、スゴイのは独自開発の光触媒技術「フォトクレアシステム」。フィルターに吸着した菌や汚れを水と二酸化炭素に分解して除去。しかもフィルターのセルフクリーニング機能により、フィルターの吸着力を自己再生するというからオドロキです。

空気清浄機にはいろいろな機能があって悩むもの。先月には空気清浄機を特集しましたので、ご参考にどうぞ。

床拭きロボット「ブラーバ380j」

ボタンを押すだけでぞうきん掛けのスッキリ感が叶う、床拭きロボットです。
水拭き(ウェットモード)とから拭き(ドライモード)の2つの清掃モードを搭載し、それぞれに最適な動きで部屋をすみずみまで清掃。ホコリや髪の毛はもちろん、花粉などハウスダストや、皮脂汚れなどもスッキリ除去します。体力的な負担や手間がかかることから敬遠される事が多かった床の拭き掃除を任せられるブラーバ380jは、ユーザー満足度97%(2014年/セールス・オンデマンド調べ)を誇ります。

スマホのアプリで花粉対策

日本気象協会「tenki.jp」

2018年度の花粉情報では、「花粉情報」「花粉予測メッシュ」「花粉飛散予測(スギ花粉前線・花粉飛散傾向)」を公開する。「花粉情報」は、全国各市区町村1,652地域(沖縄を含む島しょ部を除く)の、今日から1週間先までの日々の花粉を予測。北海道はシラカバ、そのほかの地域はスギやヒノキを扱う。花粉は「少ない」「やや多い」「多い」「非常に多い」の4ランクで表示する。

ウェザーニューズ「ウェザーニュースタッチ」の「花粉Ch.」

1月22日は日本気象協会のほか、千葉県千葉市美浜区に本社を置くウェザーニューズも、同社が提供するスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で「花粉Ch.」をオープン。その日の予想飛散量や花粉シーズンの開始・ピークなどがわかる「花粉対策アラーム」のほか、花粉症タイプを診断する「花粉症チェックシート」答えると、毎朝ひとりひとりの症状にあった花粉対策が示される機能などを利用できる。

花粉症予防アプリ「アレルサーチ」

「アレルサーチ」は、順天堂大学医学部眼科学講座による花粉症研究のための花粉症予防アプリ。順天堂大学によると、花粉症の発症要因の解明と自己管理による予防の啓もうを目的とした新しいタイプの大規模臨床で、世界初の花粉症予防アプリだという。
「アレルサーチ」では、撮影画像の目の赤みから花粉症由来の結膜炎の症状をチェック。自覚症状アンケートなどと併せて、花粉症レベルを計測する。「花粉症マップ」では、どの地域にどのくらいの花粉症レベルの人がいるかをリアルタイムで表示することで、花粉症の流行状況などが確認できる。

花粉症の豆知識

東京都民の約半数が花粉症?

花粉症に悩む人は4人に1人などとよく言われていますが、先日、「東京都民の約半数がスギ花粉症」という推定結果が東京都から発表されて話題となりました。

今や4人に1人が悩んでいる“国民病”の花粉症(アレルギー性鼻炎)。今年も花粉シーズンを目前に控え、憂鬱な気持ちになっている人も多いことだろう。
今月10日には「東京都民の約48%がスギ花粉症だと推定される」というニュースが流れた。アスファルトが多い都会では花粉が舞い上がり続けるため、都民は特に花粉症患者が多いようだ。しかも、すべての世代で10年前の調査よりも増えているとか!

全国の何割の人が花粉症なの?

一方、昨年末から年始にかけて行われた別の調査では…

全国の20,000人に対し、花粉症の症状の有無を尋ねたところ、症状がある人は40%でした。

ペットも花粉症になる?

ヒトと同じように動物も花粉が原因となり、アレルギー反応を起こすことがわかっています。ヒトは鼻水や涙に悩まされる方が多いのですが、犬や猫の場合は顕著な反応として皮膚症状、いわゆるアトピー性皮膚炎といわれる症状を呈します。さらに、かゆみによってできたかき傷から細菌や真菌などの二次感染が起きることがあるため、注意が必要です。

正しいマスクのつけ方は?

「スギ花粉はマスクの上のすきまからも入ってきますので、目と鼻の間にすきまを作らないよう、マスクを肌に密着させてください」
「1度使ったマスクの外側には花粉が付いているので、1日使ったものは必ず捨てて、新しいものに替えましょう」

空気清浄機と加湿器を置くのにベストな場所は?

「花粉が舞うのは、人が動き空気も動く場所です。なので、ベストな置き場はリビングのいちばん奥ではなく、入り口。寝室も、人の出入りが少ないので置いてもあまり意味がありません」(大久保さん)
むしろ寝室などには加湿器がおすすめだ。
「空気を湿らせると花粉が重くなり、飛ばなくなるからです。室内の湿度を40~50%にしておけば、花粉は高く飛びません」(大久保さん)

自身が花粉症ではない場合は花粉症の家族のために対策しない人が約4割

自分が花粉症の場合は、花粉を家に持ち込まない対策をしていますが、自分が花粉症ではない場合、同居家族に花粉症の人がいても、約4割の家庭で家の中での対策をしてないことが明らかになりました。
自分が花粉症ではない場合は、何かしてあげたくても、何をすれば効果があるのかわからず、対策をしていないという声が多く聞かれました。また、なかには「どうしてほしいか」を聞いて、それを実行している家庭もありました。

今回のページ作成を担当した私は花粉症ではなく、家族や同僚が苦しむ姿を他人事のように見ていましたが、花粉対策をまとめていくうちに、これからは建物の中に入る時は衣服の花粉を払うなど、できることをしていきたいと思いました。
自身が花粉症でない場合は「何をしたら花粉症の人に役立つかわからない」ということも多いかもしれませんので、花粉症の方は自分で対策すると同時に、周囲に頼ったり相談してみてもいいかもしれませんね。