賠償額は15億円? 「新井浩文容疑者逮捕」の波紋

2019年2月8日更新

2月1日、女性へ性的暴行をはたらいたとして、強制性交の疑いで俳優の新井浩文容疑者が逮捕されるという衝撃的なニュースが飛び込んできました。それからちょうど1週間が経過し、事件の概要が徐々に明らかになるとともに、逮捕による各方面への影響も続々と報じられています。それら現時点で伝えられている情報を一挙にまとめました。

新井浩文容疑者を女性に乱暴した疑いで逮捕

2月1日、強制性交容疑で逮捕される

自宅で女性に乱暴したとして、警視庁は1日、強制性交の疑いで俳優の新井浩文容疑者(40)を逮捕した。この日行った任意の聴取で、事実関係を認めていたという。

派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴した疑い

逮捕容疑は昨年7月1日未明、自宅に派遣された30代の女性セラピストに、施術中に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴した疑い。

新井容疑者は容疑を一部否認

逮捕後の調べに対し、新井容疑者は「やったこともあるが、やっていないこともある。頭は押さえつけていない」と容疑を一部否認している。新井容疑者は当時、酒を飲んでいたという。

上の記事は逮捕直後のものですが、4日の時点でも一部容疑について否認を続けているようです。

捜査関係者によると新井容疑者は、取り調べには素直に応じているというが、暴行など一部容疑については否認を続けている。

事件・容疑についてわかっていること

事件は昨年7月に起き、8月に被害届提出

逮捕に至るまでを簡単に時系列で整理すると…

・2018年7月1日未明(午前2時半~3時50分ごろ)に発生
・同日、被害女性は警視庁に被害を相談
・同年8月下旬、被害女性が警視庁世田谷署に被害届を提出
・2019年2月1日、午前9時から新井容疑者宅を捜索
・同日夜、新井容疑者を逮捕

性的サービス禁止は「分かっていた」

店側は施術前に「性的サービスは禁止」と利用者に伝え、書面へのサインを求めている。新井容疑者も昨年3月の初回利用時にサインしており、調べに対して「性的サービスが禁止されていることは分かっていた」と説明している。

新井容疑者「好みの女性だった」

逮捕された俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)が「好みの女性だった。性的な行為はしたが無理やりだったかどうか覚えていない」と供述していることが4日、分かった。

被害女性とは事件当日が初対面 今回の店の利用は4回目

被害者の女性とは事件当日が初対面だったことが2日、警視庁捜査1課への取材で分かった。
新井容疑者は同じマッサージ店を昨年3月以降、利用しており、事件当日が4回目だった。事件以前に対応したほかの女性従業員から、被害の訴えはないという。

このマッサージ店を昨年3月からほぼ月1ペースで利用していたそうです。

事件前後のツイートには異変なし

新井容疑者は事件前日の6月30日午前に、ツイッターに「夜は寿司の約束してる」と書き込んでいる。事件後の7月1日午後は、麻雀番組を見ていることをつぶやいており異変があった様子はなかった。

「女性は抵抗したが…」 被害女性はショックで店辞める

捜査関係者は「女性は抵抗したが、どうしようもなかったようだ」と話した。被害女性はマッサージのレッスンを受けた熟練のセラピストで、事件のショックにより同店を辞めている。

被害届提出直後から警視庁捜査1課が事情聴取

半年前に被害届が出された直後から新井容疑者は警視庁捜査1課の事情聴取を受けていた。捜査1課は殺人や強盗、放火など凶悪犯罪を扱うが、性犯罪も担当している。世田谷署に被害届が出された事件を同課が扱っていることに、元警視庁麻薬・拳銃担当刑事の吉川祐二氏は「容疑者が芸能人であり影響力の大きさやメディア対策を考えた当然の判断」という。

被害女性は「俳優・新井浩文」と分からず

被害女性は新井容疑者が何者か分かっていなかった。捜査関係者によると、俳優としての新井容疑者の存在を知らなかったようで自宅マンションの室内も暗く、人相を確認できなかったという。新井容疑者については、訪問先の自宅マンションが分かっており、防犯カメラの映像やマンション住民の顔写真を女性に確認してもらい、本人と特定したという。

「強制性交等罪」とは?

2017年の刑法改正で「強姦罪」から変更

新井容疑者の逮捕容疑は「強制性交の疑い」。この「強制性交」というワードに聞き慣れていない人もいるかもしれませんが、それは2017年の刑法改正で「強姦罪」が「強制性交等罪」に変更されたためです。

Q 強制性交等罪とは?
A 暴行・脅迫を用いて性交した者を5年以上の懲役に処する刑罰。刑法第177条。
Q 名称以外の変更点は?
A 従来の強姦罪は被害者を女性に限っていたが、強制性交等罪は男性も対象になる。口腔などの「性交類似行為」を対象に加えたのも特徴。また、泣き寝入りのケースを減らすため、被害者の告訴を起訴の条件とする「親告罪」の規定も撤廃。量刑の下限も懲役3年から5年に引き上げられた。

法曹関係者「起訴されれば実刑の可能性が極めて高い」

強制性交罪は、13歳以上の者に対しては暴行または脅迫を用いて性交をする罪で、性犯罪の中でも最も重いとされる。量刑は5年以上の懲役。嵩原安三郎弁護士(48)は「起訴された場合は、実刑となる可能性が極めて高い」と語る。

実は昨年から実話誌などで報じられていた

衝撃的な今回の事件の第一報は、読売新聞オンラインが1日の14時ちょうどに配信した記事と思われますが、そのだいぶ前、昨年秋の時点で実話誌などの一部媒体では匿名で事件が報じられていました。
Infoseekニュースにも10月の時点で下のような記事が配信されてきています。

どこか近寄り難さを醸し出す、俳優のZ。表情がほとんどなくいつ見ても目がどっしりと座っているので強面=怖そうという印象が強いですが、しかしその佇まいから放たれる演技力は記憶の奥底まで潜り込み、心に響きます。
そんな彼に現在、恋愛事情以外のちょっとまずい系ゴシップが持ち上がっています。まだほとんど表沙汰にはなっていませんが、性的暴行を加えられたと主張する女性が現れたのです。しかもその裏情報は聞けば聞くほど信憑性が高く、警察の捜査も最終段階に突入しているとの情報も。

逮捕直前にも『実話ナックルズ』が言及

逮捕直前の1月30日に発売された『実話ナックルズ』(大洋図書)や、同誌のWEBサイト「覚醒ナックルズ」の1月25日配信の記事では「Xデーは『1月末から2月中旬』」として再度取り上げていて、完全に的中させたと話題になっています。

同誌では2018年12月号でも俳優Zと表記しこの問題を報じていたが、3月号では北野武氏監督作品『アウトレイジ』出演俳優Aとして「昨年の夏頃」にAが派遣型の高級メンズスパ従業員女性を自宅に呼び、このメンズスパは性的なサービスのない業態であるにもかかわらず性的なサービスを要求し無理矢理行為に及んだと詳報した。
警視庁の人事異動の関係から、1月末~2月中旬には動きがあると見られていたが、その予想通り、2月1日に逮捕状請求となった。この記事が新井浩文のことを指していたのは間違いない。

被害女性には警察から“箝口令”が?

被害女性に対し、捜査を担当する警視庁捜査1課が「詳しいことは口外しないように」と要請していたことが本紙の取材で分かった。捜査関係者によると「一部雑誌が今回の事件を匿名で報じた段階で“外部に漏らさないで”と連絡を入れた」といい、新井容疑者と接触もしないようにと話したという。

「新井浩文容疑者逮捕」に対する反応や各方面への影響

「新井浩文、女性に乱暴」報道にネットも騒然

新井容疑者が女性に乱暴したとして警察に家宅捜索され、任意で事情聴取されていることが、2月1日の14時すぎ頃から各報道機関によって続々と報じられると、ネットも大騒ぎになりました。

「役そのまんますぎる」「見たまんまはダメだって」

どこか狂気を感じるような影のある役柄を演じることが多い新井。そのため、今回の報道に「イメージどおりになっちゃダメでしょ!」と批判の声も。
「いつか何かをやらかしてしまいそうな気配がある人が、本当に何かをやらかしたらダメだってば。見たまんまはダメだって」
「影のあるキャラで好きなんだけど、マジでそのキャラになっちゃあかんでしょ」
「新井浩文さんが女性に乱暴…。役そのまんますぎる」
「役柄のイメージ通りのことするなよ…新井浩文好きな俳優さんなんだけどなあ…」

ファンから動揺のコメントも殺到

新井が30日に投稿したツイートには、事情聴取の報道が出た直後からファンのコメントが殺到。午後5時半現在で470件を超えている。「何があったのでしょう。。。俳優さん辞めないで欲しい!」「パイセン信じています。パイセンの言葉を待ちます」「新井さん、何やってるんすか!」など、突然の事件に動揺を隠せない様子がつづられている。

草なぎ剛主演映画『台風家族』公開延期

配給会社「事件の経過を見ながら今後の対応を…」

俳優の新井浩文容疑者が1日、強制性交の疑いで警視庁に逮捕されたことを受け、2019年初夏に予定していた映画『台風家族』の公開が延期となった。同日、配給を担当するキノフィルムズがツイッターで発表した。
『台風家族』は、草なぎ剛が主演を務め、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子らも出演。ある一家の真夏の1日を描いた物語で、新井容疑者は一家の次男・京介を演じている。
6月に公開を予定していた「台風家族」は、銀行強盗をした両親が失踪して10年がたったことから、財産分与のために4人の子供が仮想葬儀を営むというオリジナル作品。主演は草なぎで、新井容疑者はその弟(次男)役。撮影は昨夏に栃木県佐野市などで行われた。

主演の草なぎ「本当に申し訳ありません」

俳優の草なぎ剛(44)が3日、自身のツイッターを更新。強制性交の疑いで俳優の新井浩文容疑者(40)が警視庁捜査1課に逮捕されたことを受け、主演映画「台風家族」が公開延期となったことを謝罪した。
草なぎはその市井監督のコメントをリツイートする形で「僕も同じ気持ちです」とコメント。「しばらく時間はかかりますが、もう一度、スタッフキャストが気持ちを揃えて前に進んでいきましょう。この作品を応援してくれている皆さん本当に申し訳ありません」と謝罪しつつ「そして今後もよろしくお願いします」と前を向いた。

市井監督「大きな衝撃」「やるべきことを進める」

公開が延期になった映画「台風家族」の市井昌秀監督が2日、自身のツイッターを更新。「新井くんの件には大きな衝撃を受けています」とショックを隠さなかった。
「映画はお客さんに届いて初めて完成です。だから、まだ未完成」とし「僕は監督として『台風家族』のためにやるべきことを、できることを進めます」と前を向いた。

MEGUMI「必ず公開されますように」

『台風家族』で一家の長女役で出演しているMEGUMIも2月1日に自身のTwitterを更新。

今年6月に公開を予定していた映画「台風家族」の配給会社「キノフィルムズ」が公開延期を発表したことを受け、同映画に出演しているMEGUMIは「必ず公開されますように」とツイートした。
MEGUMIのツイッターにはフォロワーから「皆様の想いが報われますように」「待ちます!必ず公開出来ます!」「ずっと待っています!」「祈りながら待ちます」「MEGUMIさんの演技もぜひ観たいです いつまでも待ってます」など激励のメッセージが書き込まれていた。

お蔵入りの可能性も?

関係者から前向きなコメントが上がる中、“お蔵入り”の可能性を指摘する記事も…

「新井容疑者はメインの役どころですからね。撮り直しや編集で対処することも事実上不可能。事件が今後、示談・不起訴となれば公開の可能性も出てきますが、こじれて裁判沙汰になるとお蔵入りの可能性もあります」(映画誌ライター)
現時点では公開延期とアナウンスされてますが、最悪の事態を想定すると完全お蔵入り。どうにか資金面に目処がつけば、撮り直しになると思います。そうなると、公開は早くて一年後ですね。

草なぎファンからは悲しむ声や憤りの声も

ネット上では「制作スタッフや他の出演者がかわいそう」「作品に罪はないのだから、何とかしてほしい」「映画館での鑑賞とか、配信やレンタルも個人個人が選択すること。制作サイドが中止しなくてもよいのでは」という反応も見られるが、草なぎの活躍を楽しみにしていたファンにとっても、悲痛の思いだろう。
公開延期とお蔵入りは免れたものの、新井容疑者が草なぎの顔に泥を塗ったのは事実。2人はオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』でも共演しており、『台風家族』で再共演すると話題を集めていたのですが、草なぎファンからは『腹立たしい』『残念で悔しすぎる』『許せない』といった厳しい声が噴出しています。

映画『善悪の屑』は公開中止を検討

林遣都とのW主演映画

1日に逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)が主演する映画「善悪の屑(クズ)」の公開中止が検討されていることが7日、分かった。同作は新井容疑者と林遣都(28)がダブル主演。今年公開予定だったが、新井容疑者の逮捕を受け、配給の日活は「対応を検討する」としていた。

当初は公開を目指して協議中だった

本作は原作が人気でファンの期待も高いことから、6日の記事では「公開を目指して協議」と伝えられていました。

新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)が主演する映画「善悪の屑(くず)」が、公開を目指して協議を続けていることが5日、分かった。
同作は新井容疑者と林遣都(28)のダブル主演で、2人は復しゅう代行業という役どころ。配給の日活は2019年内の公開を予定していたが、新井容疑者の逮捕を受け2日に「捜査状況を確認しながら今後の対応を検討いたします」との見解を公式サイトに掲出した。だが、原作が累計350万部を誇る人気コミックでファンの期待も高く、配給サイドは「どうにか皆さんに見てもらいたい」と公開に向け調整を続けている。

原作には過激な暴力描写 「公開は厳しいのでは」の声も

一方で、当初から“お蔵入り”の可能性は指摘されていました。

製作を発表した際に新井容疑者が「これ、実写化して大丈夫なんですかね」とコメントしたように、原作には過激な暴力描写がある。性犯罪者に復しゅうするエピソードもあり「他の出演者のイメージに響く可能性もある。主演なので撮り直しも難しい。公開は厳しいのでは」と話す関係者もいる。
内容もクズっぷりが前面に出たものとなっていますので、新井のイメージと見事被ってしまう。対応協議中となってますが、こちらはお蔵入りとなる可能性が高い

原作者「被害女性のケアを最優先に考えて行動するべき」

原作者の渡邊ダイスケ氏は自身のツイッターを更新。「この度の新井浩文さんの件に関しては関係者の一人として恥ずべき事ですが、テレビのニュースで初めて知りました」と困惑していることを明かし、「関係者の方々には被害にあわれた女性が、これ以上傷つかないよう守って頂きたいと思います。どう謝罪して、どうケアしていくのかを最優先に考えて行動するべきです」と見解。「映画の今後について考えるのは、その後です」としている。

NHKオンデマンドは10番組の新規販売を停止

『フェイクニュース』『真田丸』など

NHKの有料動画サービス「NHKオンデマンド」は新井容疑者が加藤清正を演じた2016年の大河ドラマ「真田丸」など10番組の新規販売を停止した。
新規の販売が停止となった番組は「フェイクニュース」「NHKスペシャル『ドラマ 龍馬 最後の30日』」「スペシャルドラマ『龍馬の遺言』」「真田丸」「トットてれび」「64(ロクヨン)」「戦後70年『一番電車が走った』」「開拓者たち」「NHKスペシャル ドラマ 最後の戦犯」「BS1スペシャル『月へ、夢を~月面探査レースに挑んだ若者たち~』」。

「作品に罪はない」ネット上ではNHKの対応に疑問の声も

NHK側の対応に、ネット上では「作品に罪はない」「作品を待ち望んでいたファンや制作関係者がひたすら悲しい結果になっているのに」と疑問視する声が相次いだ。
美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は3日、自身のツイッターで「罪は憎んで人は憎まずが文明だと思います。作品には罪はないと思います。なう」と発言した。
4日には、ジャーナリストの佐々木俊尚さんが「映画やドラマ、文学に倫理を求めてはならないと思います」と指摘。およそ3時間半後にもさらに更新し、「推定無罪の原則を考えれば、逮捕時にそのようなこと(配信停止など)を行うほうが問題ではありませんか?」と指摘。

フジテレビはドラマ『プライド』再放送で編集対応

“皮肉”な留置場シーンをごっそりカット

フジテレビは「メディアミックスα」(月~金曜後3・50)で再放送している新井出演のドラマ「プライド」について、4~6日のオンエアは新井の出演部分を編集することを決めた。
アイスホッケー選手の主人公・里中ハル(木村拓哉)は村瀬亜樹(竹内結子)を思うあまり、夏川啓介(谷原章介)に暴行を加え、容疑者として留置場へ。
第10話の冒頭、新井容疑者演じる加賀美浩が暴行容疑でハルのいる留置場に入ってくる。2人きりで、ハルに「アンタ、何。なんでパクられたの?初めて?ブタ箱入るの。しゃべれないの?なんだよ、コイツ」と話し掛ける“皮肉”なシーンが約1分あるが、この一連の場面はごっそりカットされ、放送されなかった。

新井容疑者の出演部分が多く、上で紹介した「留置所シーン」もあることから、第10話の再放送前には「放送不能では…?」「全カットは厳しそう」という心配の声がネット上に寄せられていました。

BSフジ『美しき酒呑みたち』は10日放送分が休止に

今後については検討中も…公式ページは閲覧できない状態

10日(17:00~)に放送予定だった新井がナビゲートするBSフジの番組『美しき酒呑みたち』が休止されることが1日、決定した。
2012年から不定期で放送されている『美しき酒呑みたち』は、ツイッターで情報を集めた気に入った店へ、ゲストと突撃していくという番組。10日は「福井編」として、山本浩司をゲストに迎える新作を放送予定だった。同番組の今後の存続について、現時点では検討中。
6日深夜2時5分から地上波・フジテレビで放送される予定だった「美しき酒呑みたち」(岡山編)も、別番組に差し替わった。

BSフジ公式サイト上のホームページは現在「ページが見つかりません」と表示され、閲覧できない状態になっています。

休止回に出演していた友人の山本浩司「情け無い話ですが…」

10日に放送される予定だった「福井編」に出演し、新井容疑者の友人でもある俳優の山本浩司は1日に自身のTwitterを更新。

10日放送予定で、放送休止が発表されたBSフジ「美しき酒呑みたち」に出演の俳優・山本浩司(44)のツイッターには、ファンからの励ましのコメントが寄せられている。
山本のツイッターには、2人の交流を知るファンからのコメントが続々。「ただただ悲しい」「苦しいし悔しいしつらい」「ショックすぎて何も手につきませんが。撮影頑張ってください」と容疑者の愚行を悲しむ内容や「いっぱい叱ってあげて」「しっかり怒って、償う姿を見ててあげて欲しい」と呼び掛ける声もあった。

WOWOWは番組変更やオンデマンド配信停止の措置

映画『闇金ウシジマくん』や連続ドラマWなど

WOWOWでは出演した映画『闇金ウシジマくん』の放送、および連続ドラマW「ヒトリシズカ」「イノセントデイズ」「贖罪」のオンデマンド配信を当面自粛することを発表している。

上の記事で触れられているもののほかには、映画『犬猿』『ブルーハーツが聴こえる』の番組変更と、映画『明烏 あけがらす』『星ガ丘ワンダーランド』の番組変更およびオンデマンド配信の停止が発表されています。

CS放送「映画・チャンネルNECO」3作品の放送取りやめ

人気映画『銀魂』など

CS放送「映画・チャンネルNECO」は4日、新井容疑者が出演した3作品の放送を取りやめ、別作品を放送すると発表した。公式サイトで「出演者が法令違反容疑で逮捕されたことを重く受け止め、番組を変更して放送させていただきます」とした。放送中止になったのは、17年の実写邦画ランキング1位を記録した「銀魂」(17年)と、「葛城事件」(16年)、「名前のない女たち」(10年)。

NHKドラマ『フェイクニュース』のDVD発売延期

2月22日発売予定だった 新たな発売日は未定

2018年10月にNHKで放映されたドラマ『フェイクニュース』のDVD発売も延期になった。
2019年2月4日、DVD販売元のNHKエンタープライズ(東京都渋谷区)がJ-CASTニュース編集部の取材に明らかにした。現在、発売日は未定だという。
NHKエンタープライズによると、「総合的に判断した結果、発売延期といたしました」、文書で回答。発売日については、「今後の推移をみながら検討してまいります」としている。

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』のDVD発売も延期

変更後の発売日は「決まり次第、あらためて告知」

昨年公開の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のDVD発売が予定されていた今月27日から延期されることが7日、発表された。
同映画の公式サイトに「『SUNNY 強い気持ち・強い愛』Blu-ray・DVD発売延期のお知らせ」とした文書をアップし、「この度、2月27日(水)レンタル・セル発売を予定しておりました『SUNNY 強い気持ち・強い愛』Blu-ray・DVD(発売元・販売元:東宝)につきまして、諸般の事情により、発売を延期させていただくこととなりました。お客様にはご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」と発表。

影響が及ぶのは130作以上?

新井容疑者は出演作品が多いため、影響はさらに広がるのではないかという記事が散見されます。

『今日から俺は!!』などのDVDにも影響か?

新井の出演作品を巡って今、日本テレビが上を下への大騒ぎになっているという。テレビ誌のライターが指摘する。
「新井は昨年10月期のドラマ『今日から俺は!!』の第9話にゲスト出演。商店街で主人公の三橋(賀来賢人)らを怒鳴りつける役で30秒だけ登場し、当時は“新井浩文の無駄遣い”と話題になったものです。しかし同作品のDVDボックスが4月24日に発売を予定していることから、販売元である日本テレビ子会社のバップは対応に追われ、大騒ぎになっていることは間違いありません」

4月17日に発売が予定されている映画『散り椿』のBlu-ray&DVDについても先行きが心配されているようです。

130作以上が消える?

名バイプレイヤーとして知られていた新井容疑者はこれまで数多くの作品に起用されてた。映画は確認できただけでも、公開予定だった2作を含め73作品に出演。テレビドラマは61作品。
このまま他の過去作品も発売や放送ができなくなってしまったら、日本のドラマや映画業界にとって大きな損失です。損害賠償などの金銭的な意味ではなく、多くの名作が世の中から消えてしまうことが問題なのです。

損害賠償は億単位か

『台風家族』だけでも公開中止なら1億円?

映画「台風家族」は6月の公開延期を決めたが、公開中止となった場合、ばく大な損害賠償に発展する可能性がある。複数の映画関係者は「製作費や公開規模が分からない」とした上で「製作費が5000万円で全国100スクリーン以上とすればほぼ同額の宣伝・広告費がかかる。最低限、その額を所属事務所に請求することになるでしょう」と、1億円に上ることを示唆した。
配給が「今後の対応を検討中」としている年内公開予定の主演映画「善悪の屑」もあり、損害がさらに膨らむことは避けられない。

小出恵介と比較して「5億円以上」とする記事も

賠償額の目安として、未成年少女との淫行疑惑による影響で昨年6月に事務所契約を終了した小出恵介と比較する記事がありました。

小出さんはスキャンダルの影響で、主演だったNHKドラマがお蔵入り。CM1本が契約解除となり、ネットドラマと映画も延期となりました。そして昨年4月に個人事務所が東京地裁から特別清算の協定案認可を受けましたが、負債総額は約5億3000万円でした。今回の新井容疑者の余波は、そのとき以上になる可能性も。賠償金も小出さんと同等か、それ以上になるとみられています

さらには「15億円」も

映画製作費が1本3億~5億円。DVD制作費が1本1000万円以上。CMが2000万円以上としても、最低でも7億円、多ければ15億円になります

所属事務所が5日付で契約解除

俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)が、5日付で所属事務所・アノレから契約解除された。同社が6日、公式ホームページ(HP)で発表した。
HPでは「被害者の方に深くお詫(わ)びを申し上げますと共に、関係者の皆さまにも、多大なご迷惑及びご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「昨日(5日)付けで、新井浩文との専属マネジメント契約を解除致しました。弊社としても引き続き、誠意を持って対応させていただく所存です」とつづった。

スポーツ報知の取材によると、新井容疑者と事務所幹部は4日と5日に担当弁護士を交えて接見し、話し合っていたようです。

事務所は4日から“謝罪行脚”

新井容疑者の所属事務所アノレはこの日、関係各所への謝罪行脚に追われた。テレビや映画など、多数の作品に影響が出ているため、5日も関係各所への謝罪が続きそうだ。

前社長のスキャンダルが蒸し返される

今回の新井容疑者逮捕の件とは直接関係ありませんが、所属事務所の話題として浅野忠信の父でもある前社長の逮捕話が、いくつかの記事で蒸し返されていました。

新井容疑者の所属事務所には浅野忠信(45)や三浦貴大(33)らが所属。おととし11月には浅野の父でもある佐藤幸久前社長(69)が覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕され、事務所は大揺れとなっていた。
所属事務所は浅野忠信(45)の父である前社長が17年に覚せい剤取締法違反で逮捕された。加瀬亮(44)や菊地凛子(38)ら看板俳優も退社、独立しており新井容疑者の逮捕によってさらに難しいかじ取りを強いられそうだ。

NHKは損害賠償請求を「検討」

請求先が事務所か本人かも「検討」

NHKが7日、東京・渋谷の同局で定例会長会見を行い、俳優の新井浩文容疑者(40)の逮捕を受け、有料動画サービス「NHKオンデマンド」で新井容疑者が出演していた過去作品の販売停止を行ったことを受け、損害賠償請求についても「検討している」ことを認めた。
損害賠償請求なども考えられるが、この点については「このことにつきましても適切に判断しております。損害賠償も含めて検討しているとご理解いただきたい」と損害賠償についても検討中であるとした。新井容疑者は5日に所属事務所から契約解除されている立場でもあり、請求先が事務所になるのか、新井容疑者本人に対してなのかということについても「それも含めて検討させていただく」と説明した。

「実力派俳優・新井浩文」の素顔とは

2016年には日本アカデミー賞・優秀助演男優賞受賞

プロフィール

新井容疑者は1979年1月18日生まれ、青森県弘前市出身で現在40歳。あくの強い脇役を多く任され、実力派として評価されてきました。

2001年に映画「GO」で俳優デビュー。翌02年、松田龍平とのダブル主演で映画「青い春」で映画初主演。その後、NHK大河ドラマ「真田丸」、TBS「下町ロケット」、映画「アウトレイジ ビヨンド」など数多くの映画やドラマに出演。14年公開の映画「百円の恋」では日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞するなど、演技派として知られる。今年も出演映画2本の公開が予定されている。
2012年、「アウトレイジ ビヨンド」への出演で第22回東京スポーツ映画大賞・男優賞を受賞、2015年には「百円の恋」への出演で第39回日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞するなど実力派俳優として知られており、ロト7のCMで魅せるユニークなキャラクターなどでも存在感を放っていた。

学生時代は卓球で全国大会出場も

学生時代は卓球に打ち込み、弘前実業高時代(中退)には全国大会の出場経験もある。
「有名になりたい」という一心で、19歳の時に上京。都内の屋台でアルバイトをしていた時、お店を訪れた映画プロデューサーの荒戸源次郎さんと出会い、役者への道が開けた。

芸能人が暴行事件などを起こすと、必ずと言っていいほど「裏の顔は〇〇だった」といったプライベートで見せる言動などを伝える記事が増えます。今回もいくつか目につきましたので、噂話レベルも含めて一気にまとめます。

ファンを大切にする誠実な男

Twitterでは気さくにファンと交流

一見こわもて。「死んだ魚の目をした俳優」と呼ばれることもあり、無愛想で取っつきにくい感じのように見える新井容疑者だが、実際は正反対。街中でファンに話しかけられれば、写真やサインにも気さくに応じる。普段は誠実な男だ。
「声かけられて、迷惑だな~とか、ウザイな~とか思わないんですか?」。ファンからのツイッターでの質問にも、「こんな仕事してて、応援してくれてる人にそう思う奴(やつ)は三流です」と答えるなど、ファンを大切にしてきた。

「誰からも慕われる人」「とても温和でナイスガイ」

新井は酒好きで俳優仲間も多く、誰からも慕われるタイプで、悪い噂は聞いたことがなかったので、ちょっと驚きです。
強面の役や“キレると危険な男”みたいや役が多いですが、普段はいたって温和で、悪い評判は聞きません。
一癖ある役柄や悪役が多いが、プライベートは周囲への気遣いを忘れず、紳士的と評判。俳優の友人も多く「若手俳優のまとめ役」(映画関係者)。俳優仲間たちと東京都世田谷区や新宿区で飲み歩く姿がたびたび目撃されている。
「人柄はとても温和でナイスガイ。誰からも慕われるタイプです。事件を起こした時に酒を飲んでいたことが明らかになりましたが、彼は酒にめっぽう強く、泥酔したところは見たことがありません。むしろ、酔った人を介抱する側。下ネタは言いますけど、女性には紳士的で、すごくモテる。だから、強制性交で逮捕なんて、とても信じられません」(新井の知人)

酒好きで麻雀・パチンコも大好き

酒を飲んでもハメを外すようなことはなし

仕事にストイックに打ち込む反面、撮影のない期間は自由人だった。自分のことを「ウチ」と呼ぶ。酒好き。マージャン、パチンコも大好き。愛読書は週刊少年ジャンプで、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズをオンラインで楽しむのが日課。酒は飲むが、決してハメを外すようなことはなかった。
新井容疑者を駆け出しの頃からよく知る映画関係者は「酒を飲んでも、暴れたり暴力を振るったりするようなことはなかった。それが女性とのトラブル…。信じられません」とショックを受けていた。

ちなみに、新井容疑者のInstagramには麻雀、パチンコ、パチスロの画像が大量に投稿されています。

「酒癖が悪い」という話も

芸能事務所関係者は語る。
「花見の席で一般人と飲み比べをした時は、酒一升を飲み干していたといいます。酒に強いものの、酔うと口調がオラオラ系になってしまい質が悪く、酒癖が悪いんです。それでも、兄貴肌で俳優仲間との親交も広いので、業界内では“紳士的で礼儀正しい”と評判は良いです」
20代の時には花見で隣り合わせた自衛隊員たちと飲み比べになって、一升瓶を飲み干したことも。深酒をすると「言葉遣いが強くなってオラオラ系になる」(知人)と豹変(ひょうへん)するという。

深酒をして風俗店で“ご乱行”?

最初は寡黙な飲み方だが、酒が進むと「性的興味が増すようで、近隣の店や新宿エリアに移動するのがパターン」と話す。今回のように性的サービスを伴わないマッサージ店だけでなく、時には風俗店を訪れることもあるという。特に新宿では趣味のパチンコに興じる姿なども頻繁に目撃されており、風俗店関係者は「“あいつ、乳首かむからヤダ”と女性従業員からNG客になったなんて噂が立つほど新宿界隈(かいわい)では荒っぽさが知れ渡っている」という。

大の下ネタ&マッサージ好き

テレビ番組でも下ネタトーク

新井さんのツイッターアカウントには、プロフィール欄に「下ネタ駄目な方は立ち入り禁止です」との記述がある。
テレビでも、その「下ネタ好き」キャラは、時たま紹介された。たとえば、17年6月12日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、「おっぱいパブ」などのエピソードを披露。ツイッターで、
「二度目のしゃべくり。。。編集どうなるか知らんけど、7~8割下ネタしゃべくった記憶しかない」
とつぶやくこともあった。

たびたび「マッサージ」ツイートも

ツイッターでさかのぼれる範囲で、新井さんによる最初の「マッサージ」ツイートは11年7月28日。「パチンコ勝ったからマッサージいこっ! エロいやつじゃないよw」というものだった。
「四人同時にマッサージしてもらいたい」
「やっぱり五人同時にマッサージがいい」
「料理、掃除、マッサージ、全て別の女子に同時にやってもらい、無言で眺めてたい」
「可愛い女子5人のマッサージが必要なレベル」
といったものも見られる。

キャバクラも好き

地方に行く際にはキャバクラを必ずチェック

新井は大の酒好き、パチンコ好きとして知られるが、もっとハマっていたのがキャバクラだった。
「撮影で地方に行くときは、どんなキャバクラやセクキャバがあるか必ずチェックするんです。打ち上げではスナック、キャバクラをはしごして朝まで飲むのがいつものことでした」(演劇関係者)

風俗では「いつも新人を指名」か

“本番強要”の常習犯だった?

風俗関係者によれば、「新井さんはいつも『若くて素人っぽい新人をつけてくれ』と要求していたが、“本番強要”の常習犯なので、多くの女の子が“NG”にしていた」という。
実際に2015年春、自宅に招かれたデリヘル嬢が語る。
「当時私は新人でした。ドスの利いた声で本番を求められ……。怖くて泣いてしまったのですが、そのまま続けようとしたんです」

過去のマッサージでは股関部への施術を要求

5日に放送されたフジテレビの『バイキング』では、過去に新井容疑者をマッサージしたことがあるという女性の証言を紹介。

施術のために新井容疑者の自宅マンションを訪れると、施術直前に部屋の明かりが消され、禁止されている鼠径部(そけいぶ)への施術を要求され、強く拒むと「ごめんごめん、酔っぱらっていた」と謝罪されたが、再び呼ばれることはなかったという。今回の事件を受け、「もし、自分の身に降りかかっていたらと思うと恐怖しかない」と恐怖感を覚えたという。

複数の人気女優と浮名を流す

過去には池脇千鶴、二階堂ふみ、夏帆らとの噂が

新井はコワモテの見た目とは裏腹に、普段は朴訥としたしゃべり口調で、女性ウケは悪くないらしい。
これまで04年に女優の池脇千鶴、07年にミュージシャンの坂本美雨、13年に女優の二階堂ふみ、16年に同じく女優の夏帆と熱愛が発覚しています。

夏帆に“とばっちり”も?

新井と過去に交際が報じられた、独身の二階堂ふみ。そして現在進行形で熱愛中とされる女優・夏帆、この二人への皺寄せや影響も、今後の芸能活動に響いてくるのではという見方もあります。二階堂に関しては「結婚秒読みだったもののすでに終わってること」なので全く問題はないのですが、夏帆についてはしばらく風評被害が付きまとうかもしれません。

夏帆とは昨年末までに別れていたという情報も。

女性に恫喝や逆ギレ?

浮気を責められ逆ギレ

芸能プロダクション関係者はこんな話も。
「新井と深い関係になった女性は恫喝されて、PTSDになるという噂すらありました。浮気三昧で、女が苦言を言おうものなら、怒鳴りつけて泣かせていたそうです」
「たとえ女優と交際中でも、新井は平気で浮気しますよ。それに対して女性が不満でも言おうものなら、逆ギレして怒鳴りつけるという話を聞いたことがあります」

“下のスタッフ”に対する態度が悪い?

撮影現場での新井を知るテレビ制作会社の関係者は証言する。
「ある現場で、女性ADに対する態度がちょっと見ていられないくらい不快でした。上から目線でイジってみたり、怒ってみたりして、それに応えながらも困惑している女性ADを見て面白がっているようでした。力のある監督やプロデューサー、共演者たちに対する態度と、私たちのような下のスタッフに対する態度は明らかに違いました」
女性には紳士的だったといわれるが、それすら怪しい。「上から目線で女性ADをもてあそぶなど、女性蔑視が鼻につくところもありました」と先の制作会社ディレクターは厳しい。