引き分けも難しい?GL敗退後に強いポーランド

2018年6月28日更新

日本のグループリーグ第3試合の相手は欧州の古豪ポーランド。すでにグループリーグ敗退が決まっている相手と言えど侮るなかれ。実はポーランドは過去のW杯で2回、グループリーグ敗退確定後に勝利しているジンクスがあるのです。ポーランド史上最高の選手との呼び声高いレヴァンドフスキはじめ、強敵ポーランドを紹介します。

ポーランドの戦術・フォーメーション

レヴァンドフスキを主軸とした圧倒的得点力

欧州予選では8勝1分1敗の圧倒的な強さでグループを首位通過し、3大会ぶり8回目のW杯出場を決めました。大会前の下馬評は高かったものの本来のパフォーマンスが発揮できず、グループリーグを2連敗、すでに敗退が決まってます。しかし過去のW杯ではグループリーグ敗退後に勝ち点3を獲得した実績が2回あるポーランドだけに、日本も要注意の相手です。

注目すべきはポーランドが誇る大エース、レヴァンドフスキ。予選で10試合16得点と桁違いの得点力を見せつけ、ポーランドの攻撃を牽引しました。
センターフォワードとして必要な能力すべてを世界最高レベルで備えており、得点だけでなく周りを活かすポストプレイヤーとしても機能するため、サイドアタックからのクロスやゴール前でのパス交換などチーム全体としても彼の能力を存分に活かす戦術をナバウカ監督は採用しています。
いっぽう心配の種はグループリーグでもセネガル代表から2点、コロンビア代表から3点取られた守備の脆さ。ゴールキーパーのシュチェスニーや、守備の要であるグリクらタレントは揃っているものの、ひとたび失点すると大崩れしてしまう傾向があります。

基本フォーメーション

ゴールキーパーはイタリア・セリエAで将来ブッフォンの後釜を務めていくであろうシュチェスニー。世界最高と称されたゴールキーパーと練習を重ねた経験を活かしたいところ。
最終ラインは右からピシュチェク、グリク、パズダン、ペレシンスキが並びます。特に右サイドバックのピシュチェクが、前線の同じく右サイドに位置するブワシュチコフスキと連携して右サイドを攻略し、レヴァンドフスキにクロスを上げる攻撃はポーランド代表ではよく見られる形。
中盤ボランチはクリホビアクが相手の攻撃の芽を摘み、ジェリンスキがボールを推進します。
攻撃的ミッドフィルダーは右からブワシュチコフスキ、ミリク、グロシツキの3人が並び、レヴァンドフスキとパス交換をしながら相手ゴールに迫ります。
1トップは世界屈指のゴールゲッター・レヴァンドフスキが不動のセンターフォワードとして構えます。

ポーランド代表データ&登録選手一覧

ポーランドの注目選手

レヴァンドフスキが抜きん出て知名度が高いポーランド。28日の日本代表戦では彼以外にも活躍をみせる選手は現れるのでしょうか。

ロベルト・レヴァンドフスキ

ポジションFW
所属バイエルン・ミュンヘン
生年月日1988年8月21日
身長 / 体重185cm / 79kg

ポーランド史上最高の選手との呼び声高いセンターフォワード。レヴァンドフスキの存在無くして現在のポーランドの攻撃は語れません。ストライカーとしては万能型で強さ、速さ、高さを兼ね備え、シュート、ドリブル、ポストプレー、さらには守備まで全ての技術を高い次元でこなす世界でも屈指のアタッカーです。
ポーランド代表の歴代最多得点者で、欧州予選でも史上最多となる16ゴールを記録。左右両足のシュートやヘディングシュート、フリーキックなどあらゆる得点パターンでゴールを量産します。
ドイツのドルトムント、バイエルン・ミュンヘンなど名門を渡り歩き、ブンデスリーガを5度制覇、得点王も2回獲得しています。ちなみにドルトムント時代には日本代表の香川真司ともプレーをしていました。
セネガル代表、コロンビア代表は、以下の引用部分で本人も語るように、そもそもレヴァンドフスキにボールを触れさせないことで勝利をつかみました。同じような守備を日本も行えるかどうかが勝ち点獲得への鍵となります。

「僕には得点するチャンスがなかった。もし自分がチャンスをモノにできなかったということであれば、自分自身に腹が立つけど、単純にチャンスを貰うことができなかった」

レヴァンドフスキのスーパープレー集はこちらからご覧ください。

会見で日本代表ディフェンダーの吉田麻也も警戒を強めます。

ウカシュ・ピシュチェク

ポジションDF
所属ドルトムント
生年月日1985年6月3日
身長 / 体重184cm / 79kg

ハードな上下運動で守備に攻撃に貢献するブンテスリーガ屈指の右サイドバックです。ドルトムント時代のレヴァンドフスキ、ブワシュチコフスキとともにポーランド三銃士と呼ばれ活躍しました。今年33歳となりさすがに年齢的なスピードの衰えは見られるものの、まだまだパフォーマンスは落ちておらず、ポーランド代表でも代えの効かない存在です。

ヤクブ・ブワシュチコフスキ

ポジションFW
所属ウォルフスブルク
生年月日1985年12月14日
身長 / 体重175cm / 71kg

対人プレーに強く力強いドリブル突破でゴール前に切り込んでは、強烈なシュートを放つ圧巻のプレースタイルは32歳となった今も健在。ピシュチェクと阿吽の呼吸で右サイドを制圧します。日本は相対する左サイドの長友佑都、乾貴士らが彼らをどう抑え、レヴァンドフスキにパスを通させないかが勝負のポイントになります。
今回の試合を前に、ドルトムントで共闘した香川についても27日の前日会見で語っています。

香川とはチームメイトとしてともに戦い、リーグ連覇を経験している。香川のパスからブワシュチコフスキが局面を打開したかと思えば、ブワシュチコフスキのラストパスから香川がゴールと好連係を見せてきた。

そんな香川について「シンジは日本の高いレベルの中心にいる。技術的に素晴らしいし、ゴールに向かう動きも素晴らしい」と絶賛。さらにドルトムント時代を振り返り、「彼と一緒のピッチでプレーできたのは、大きな喜びだよ」とコメントしている。

日本 vs ポーランド 勝利の行方は?

あなたの勝者予想は?

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が運営する「Potora」にて、“日本 VS ポーランド”の勝敗予想を実施中です。
ポーランドはすでにグループリーグ敗退が決まっており、日本は引き分け以上でも決勝トーナメント進出が決定しますが、ポーランドが日本の格上で強豪であることに変わりはありません。あなたの勝敗予想を投票してください!

日本 VS ポーランド”勝敗予想 / Potora

また6月14日より優勝国予想のランキングも実施中です。こちらもぜひ、あなたの予想する優勝国を投票してください。

優勝国予想ランキング / Potora

日本代表、決勝トーナメント進出をかけた戦いは6月28日23時から。がんばれニッポン!