桂由美のニュース

BRIDGET 恋人の聖地で”結婚したくなる!”新曲を披露

dwango.jp news / 2015年10月08日11時58分

世界的に有名なブライダルファッションデザイナー桂由美が推奨するセレモニー「ダズンローズセレモニー」の他、桂由美ウェディングドレスショーや、恋人の聖地公式ウェディングソング『君だけ愛してる』をBRIDGET(ブリジット)が披露。 駆けつけたブライダル関係者など100人が、その品格ある優雅な空間に酔いしれた。 「結婚したくなった!」 「桂先生のドレスを着て『 [全文を読む]

カップルを優しく見守る街・乃木坂の「ハッピーイベント」に密着!

恋学 / 2014年06月26日03時00分

乃木坂地域の活性化と、非婚や少子化の解消を目指すこのイベントは、日本のブライダル文化とファッションの草分けである「桂由美ブライダルハウス」と「メルセデス・ベンツ コネクション」が共催。結婚間近のカップル5組を招待して、多くの人に結婚することの素晴らしさをアピールしていきます。 ベンツに乗ってウエディング・ドライブを満喫イベントの幕開けは、お披露目を兼ねた贅 [全文を読む]

人気モデルと華やかなブライダルの夢の競演! テーマ:HANA YUME

PR TIMES / 2014年01月31日13時20分

―東日本大震災ふくしまこども寄付金支援― 桂由美が贈る日本最大のブライダル&エンターテインメントショー 人気モデルと華やかなブライダルの夢の競演! テーマ:HANA YUME ―東日本大震災ふくしまこども寄付金支援― 桂由美が贈る日本最大のブライダル&エンターテインメントショー 2014 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION in T [全文を読む]

桂由美モデルの小説『ウエディングドレス』戦後女性の歴史譚

NEWSポストセブン / 2016年06月23日11時00分

世界的ブライダルファッションデザイナー・桂由美さんをモデルにした小説『ウエディングドレス』(幻冬舎刊)は、花嫁衣装をキーワードに、戦後70年の女の歴史をリアルに描いている。この本に込めた思いについて、著者である玉岡かおるさん(59才)に聞いた──。 昔、女児のあこがれは、お嫁さんで、お絵かき帳や塗り絵帳の最後のページは、決まって花嫁さんだった。今は金銭的理 [全文を読む]

キンドル電子書籍『ハッピーマジック: 幸せな結婚がしたいあなたへ25のアドバイス (あさ出版電子書籍)』イラストつだゆみをリリース■運命の人はさがすと会えないの 出会いは偶然なのよ

DreamNews / 2015年07月24日18時00分

しあわせになる魔法はみんなが使える! ――――神田沙也加 ■キンドル電子書籍『ハッピーマジック: 幸せな結婚がしたいあなたへ25のアドバイス (あさ出版電子書籍)』イラストつだゆみ 監修桂由美 http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B010R0VYPM ■目次 ・運命の人 ・恋人の聖地 ・追いつめてしまった ・ナシ婚夫婦に捧ぐ [全文を読む]

大石参月 結婚発表会見「プロポーズはサプライズ」

dwango.jp news / 2015年02月07日20時26分

大石は、ブライダルファッションデザイナー・桂由美氏がデザインのウエディングドレス姿で登場。左手薬指に指輪を輝かせながら「交際10年の節目で結婚を発表出来る事をすごく幸せに思ってます」と幸せオーラ全開で発表。なお、結婚相手は彼女の高校時代の同級生で、17歳から交際を開始。10年間の交際期間を実らせた“10年純愛婚”。3月22日の大石の誕生日に入籍し、4月にハ [全文を読む]

【下田東急ホテル】伊豆下田初!◆恋人の聖地サテライト◆認定!海抜56m『オーシャンクリフガーデン』

PR TIMES / 2014年04月09日16時13分

NPO法人地域活性化支援センター(理事:桂由美 他)による「恋人の聖地プロジェクト」のシンボルとして認定! 下田東急ホテル(下田市5-12-1 総支配人 山本貴之)のガーデンが、NPO法人地域活性化支援センター(理事:桂由美 他)による「恋人の聖地プロジェクト」のシンボルとして、伊豆下田初の“恋人の聖地サテライト”に認定されました。 ホテルガーデン「オーシ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】市川海老蔵、愛娘のドレス姿を公開 小林麻央も「七五三で家族写真を撮るのが楽しみ」

TechinsightJapan / 2017年06月09日18時08分

このドレスはデザイナー・桂由美さんから贈られたもので、お花のパフスリーブと背中の大きなリボンが可愛らしく、麗禾ちゃんにぴったりのデザインだ。 7日の『ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ』によると、娘に着せる前にこのドレスを見ただけで、海老蔵は胸に込み上げるものがあったという。桂由美さんの心遣いに「感謝しかないです」と表している。 また『市川海老蔵 ( [全文を読む]

桂由美のカフェオープン、山本文郎アナの夫人が切り盛り

NEWSポストセブン / 2017年04月05日16時00分

ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんが、東京・乃木坂に「カフェ・ド・ローズ」をオープンした(2月20日)。桂さんはカフェをオープンした理由を、もっと気軽にドレスを感じられる場所を作りたいからと話す。 「結婚式のドレスだけではなく、結婚式にお呼ばれしたときのドレスや、フォーマルドレスの相談にも乗ります。メンズやキッズもありますから、家族でいらしていた [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】藤原紀香 マリンブルーの振袖ドレス姿が「龍宮城のお姫様のよう」

TechinsightJapan / 2017年03月11日16時30分

公式ブログ『☆氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ☆』では、「お待たせしました」と桂由美デザインの振袖姿の全身、バストショットを公開した。ブログによると、福岡公演が行われた場所が「マリンメッセ福岡」だったのでマリン柄のドレスを選んだそうだ。このドレスは桂由美が初めてダイビングに挑戦した際、“海の中の美しい世界”に感銘を受けてデザインされたものという。 アクセサリー [全文を読む]

『ウエディングドレス』玉岡かおる著

プレジデントオンライン / 2017年01月14日11時15分

ウエディングドレスデザイナーの先駆け、桂由美の半生が小説化された。手掛けたのは玉岡かおる氏だ。執筆に至ったのは、娘さんの結婚がきっかけだった。本人同士が自由に選びとって絆を結ぶ現在の結婚に、強く魅力を感じたという。 桂由美に話を聞くことは、日本の婚礼の歴史を紐解くことにつながった。そして、書き上げてみて、日本の婚礼の歴史は、女性の自立の歴史だったことに気づ [全文を読む]

ジャパニーズビューティーを世界に!桂由美さんを審査委員長に迎えたモデルコンテスト「JAPAN WOMEN’S COLLECTION 2016」を11月23日(水)にTOKYO FMホールで開催

@Press / 2016年11月22日15時00分

一般社団法人ジャパンウィメンズコレクションは、「日本とアジアを結ぶコレクション」をメインコンセプトに、ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんを審査委員長に迎えたモデルコンテスト「JAPAN WOMEN’S COLLECTION 2016」を、2016年11月23日(水)にTOKYO FMホール(東京都千代田区)で開催いたします。 本イベントは国際親善 [全文を読む]

戦中戦後からファッションの夢を追いかけ “花嫁衣装”で一時代を築いた女性2人の物語

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月07日06時30分

玖美のモデルは現役ファッションデザイナーの桂由美 玖美のモデルは、84歳の今も現役のウェディングドレスデザイナー桂由美さんだ。窓子のイメージのきっかけとなったのは、実際に洋裁学校を営んでいた玉岡さんの母親だとご本人が語ってくれた。 「玖美の人生は、桂先生から実際に伺った話をもとに想像をふくらませて書きました。窓子のモデルはいませんが、戦後の混乱のなかで必 [全文を読む]

玉岡かおる 桂由美がモデルの小説で女の生き様の歴史描く

NEWSポストセブン / 2016年06月26日16時00分

世界的ブライダルファッションデザイナー・桂由美さんをモデルにした小説『ウエディングドレス』(幻冬舎刊・1728円)は、花嫁衣装をキーワードに、戦後70年の女の歴史をリアルに描いている。執筆した作家の玉岡かおるさん(59才)に、本に込めた思いを聞いた。 * * * ――ミシンの描写は、ボディーや糸の棚の配置まで鮮やかに描かれている。当時の洋裁学校の様子を詳細 [全文を読む]

DAIGO披露宴での近藤春菜、太田光、西川貴教、高橋みなみの様子

NEWSポストセブン / 2016年05月12日07時00分

北川がこの日まとったウエディングドレスは出席者でもある桂由美によるデザイン。それで張り切ったのは、ハリセンボンの近藤春菜(33才)だ。持ちネタの「角野卓造じゃねえよ!」をアレンジし「桂由美じゃねえよ!」と、本人を前にして堂々の新作ネタを披露したのだ。桂本人は舞台を背にしたままだったが、もちろん会場は大爆笑。 「近藤は女子トイレで“冷や汗かくわ~”“これ、 [全文を読む]

桂由美ブライダル50周年を記念し、煌びやかなドレス集めた展覧会を日本橋三越で開催

FASHION HEADLINE / 2015年09月30日21時00分

今年で創作活動50周年を迎えるブライダルファッションデザイナー・桂由美。彼女の手掛けたウェディングドレスは、これまでに70万人を超える花嫁を輝かせてきた。今回、ユミカツラ(YUMI KATSURA)のブランド50周年を記念し、「桂由美の軌跡~SHINING FOREVER~」が日本橋三越本店新館7階ギャラリーでスタートした。 今回の展覧会は、ユミカツラの技 [全文を読む]

桂由美創作活動50周年記念展桂由美の軌跡~SHINING FOREVER~

PR TIMES / 2015年09月11日19時09分

会期:2015年9月30日(水)~10月5日(月)/会場:日本橋三越本店 新館7階ギャラリー ブライダルファッションデザイナーとして女性の美を追求し、ウエディングドレスを創り続け、いままでに、約70万人を超える花嫁を輝かせてきた桂由美。今年、創作活動50周年を迎え、下記の通り、日本橋三越本店にて、記念展を開催いたします。 本展では、今日現在も日本のブライダ [全文を読む]

桂由美も太鼓判!注目のイケメン・ダンス・ボーカルグループ

dwango.jp news / 2015年08月03日12時45分

8月1日(土)、ブライダルファッションデザイナー桂由美がウェスティンナゴヤキャッスルにて開催した「桂由美50周年記念コレクション『Tokai Bridal FES 2015』」にダンス・ボーカルグループ「BRIDGET(ブリジット)」が登場。桂由美監修・全日本ブライダル協会推奨・恋人の聖地公式ウェディングソング『君だけ愛してる』を初披露した。ブライダルファ [全文を読む]

桂由美50周年ショーも実施「東海ブライダルフェス2015」8月1日開催 “結婚への憧れ”を若者・子供に抱かせる社会貢献型イベント ブライダルコレクションには子供達100名を無料招待

@Press / 2015年07月14日10時30分

当日は「桂由美50周年記念グランドコレクション」を開催します。ショーのテーマは『YUMI KATSURA SHINING FOREVER』。これからも花嫁たちを世界中で一番美しく輝かせ続けることを約束するという想いを込めました。ユミカツラの50年は、まさに日本のブライダルファッションの歴史。展示ブースでは今までに手がけた著名人カップルの婚礼衣装を当時のお写 [全文を読む]

桂由美 夫の37人目の見合い相手で「20年早く会いたかった」

NEWSポストセブン / 2015年07月01日07時00分

ブライダルファッションデザイナー歴50周年を迎えた桂由美さん。これまで数多くの著名人のブライダルファッションを手がけた桂さんだが、ご自身の結婚についてはあまり語ってこなかった。果たしてどんな馴れ初めや結婚生活だったのだろうか。 * * * 多くのカップルの結婚式をお手伝いしてきましたが、私自身の結婚は42才の時。お見合いで出会った、元大蔵省(現財務省)官僚 [全文を読む]

フォーカス