夏目漱石のニュース

TVドラマ「夏目漱石の妻」で長谷川博己・尾野真千子が夫婦役に! 文豪・夏目漱石のユニークな夫婦生活を描く

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月09日15時00分

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『三四郎』『こゝろ』など数多くの名作を世に配し、近代文学界の礎を築いた文豪・夏目漱石。そんな彼の知られざる「夫婦生活」を描いた涙あり、笑いありのホームドラマ「夏目漱石の妻」が2016年9月下旬に放送されることが分かった。【人気連載マンガ】アニマルサラリーマンたちの、シュールで、世知辛い、資本主義会社員デイズなショートコメディ [全文を読む]

生誕150年を記念して、芳林堂書店全店に夏目漱石コーナーが登場! 毎週木曜日は夏目漱石モチーフ絵柄のオリジナルブックカバーをプレゼント!

DreamNews / 2017年02月01日14時30分

生誕150年を記念して、芳林堂書店全店に夏目漱石コーナーが登場! 毎週木曜日は夏目漱石モチーフ絵柄のオリジナルブックカバーをプレゼント!夏目漱石 はじめました。株式会社書泉が運営する芳林堂書店では、今年2017年が夏目漱石の生誕150年にあたることを記念し、夏目漱石の著作や関連書籍を集めたコーナーを全店(コミックプラザを除く)に新設いたしました。芳林堂書店 [全文を読む]

「千円札で思い浮かぶ人物は誰?」その答えで年齢がバレます!

Woman Insight / 2016年09月29日07時00分

皆さんは誰を思い浮かべますか……?(画像は壱萬円札ですが……) 20代は「野口英世」が53.9%と最も高く、30代以上では「夏目漱石」を選ぶ人が最も多い結果となりました。また、50代以上は、4人に1人が「伊藤博文」と回答する結果となりました。 ■千円札で思い浮かぶ人物(上位3位) 全体(n=1080) 1位:夏目漱石(41.6%)、2位:野口英世(35. [全文を読む]

フェリス女学院大学が12月8~10日に第10回日本文学国際会議 「夏目漱石国際シンポジウム」を開催 -- 世界中で読み継がれる漱石の魅力を探る

Digital PR Platform / 2016年11月25日08時05分

フェリス女学院大学(学長:秋岡 陽)は、12月8日(木)、9日(金)、10日(土)の3日間、第10回フェリス女学院大学日本文学国際会議「夏目漱石国際シンポジウム」(主催:朝日新聞社、岩波書店、国際交流基金、フェリス女学院大学)を開催。2016年に没後100年、2017年に生誕150年を迎える日本の国民的作家「夏目漱石」にスポットを当て、「漱石は世界をどう読 [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

全体および全ての属性において夏目漱石が第1位となり、変わらぬ知名度の高さがうかがえました。理由として一番目に付いたのは「夏目漱石の作品が好きだから」(35歳/その他/女性)、「夏目漱石の文学と彼の書く日本語が美しいと思うから」(28歳/その他学生/女性)など、作品に対する評価や親しみでした。また、「後に教師をしているので、ノートも分かり易く要点を書いてあ [全文を読む]

夏目漱石をテーマに身体と頭を動かす子供向けワークショップ「漱石アクティブワークショップ」を3月15日開催!

@Press / 2015年03月02日11時30分

夏目漱石・記念年実行委員会は、夏目漱石をテーマとしたミュージカル上演やプロによるダンス指導、作品の朗読などを楽しむ参加型イベント「漱石アクティブワークショップ」第2弾を、2015年3月15日(日)に新宿区立新宿歴史博物館にて開催いたします。また、今回のワークショップ開催を皮切りに、夏目漱石の記念年である2016・2017年に上演する漱石ミュージカルメンバー [全文を読む]

【芸術の秋】恋愛力が高まる文豪のラブレターとは【10月3日~7日】

ANGIE / 2016年10月03日17時00分

今回は文豪・夏目漱石のラブレターをご紹介しましょう。芸術の秋、豊かな感性を持った文豪のラブレターで心を磨き、恋愛力を高めてみてはいかがですか? 七十二候とは? 時間に追われて生きることに疲れたら、ひと休みしませんか? 流れゆく季節の「気配」や「きざし」を感じて、自然とつながりましょう。自然はすべての人に贈られた「宝物」。季節を感じる暮らしは、あなたの心を癒 [全文を読む]

「世の中は苦にすると何でも苦になる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば76】

サライ.jp / 2017年03月17日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「世の中は苦にすると何でも苦になる。苦にせぬと大概なことは平気でいられる。また平気でなくては二十世紀に生存はできん」 --夏目漱石 夏目漱石が、門弟の中村古峡あてに書いた手紙( [全文を読む]

没後100年! 実は、寂しがり屋の食いしん坊!? 人間味にあふれたおじさんだった、文豪・夏目漱石を紹介する『となりの漱石』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月26日11時00分

2016年で没後100年をむかえた、日本を代表する文豪・夏目漱石。『坊ちゃん』『こゝろ』『吾輩は猫である』など、彼が残した数々の名作は教科書にも採り上げられ、一度は読んでみたことのある人は多いだろう。かつて彼の肖像画は千円札にも採用され、多くの日本人に愛される夏目漱石だが、彼がどんな人物だったか知っている人は案外少ないのではないだろうか。 知的で物静か、そ [全文を読む]

本気だった―あの夏目漱石のアンドロイド作成へ、二松學舍など

インターネットコム / 2016年06月07日17時50分

文豪・夏目漱石のアンドロイドを作成する計画は、どうやら事実らしい。二松學舍大学大学院と大阪大学大学院の共同研究として公式発表が出ている。 NHKなどが報じて話題になっている夏目漱石のアンドロイド化。冗談ではないのかと疑う声もあったが、二松學舍大学は公式サイトで実現に取り組むむねの声明を公開している。 2016年は夏目漱石没後100年、2017年は生誕150 [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース