西内啓のニュース

データの手触りにこだわった分析ツール「DataDiver」

EnterpriseZine / 2015年04月27日15時30分

製品を解説したのは同社取締役 西内啓氏。統計家であり、データサイエンティストの顔もある。 西内啓氏 西内氏は開発の背景から説明した。昨今では「ビッグデータ」という用語は定着したものの企業が持つデータを分析したくても「どうしたらいいかわからない」と戸惑う担当者が多いそうだ。理想と現実の間にギャップがあることも1つの原因となる。理想的には企業内のデータを分析す [全文を読む]

データの手触りにこだわった分析ツール「DataDiver」

EnterpriseZine / 2015年04月27日15時30分

製品を解説したのは同社取締役 西内啓氏。統計家であり、データサイエンティストの顔もある。 西内啓氏 西内氏は開発の背景から説明した。昨今では「ビッグデータ」という用語は定着したものの企業が持つデータを分析したくても「どうしたらいいかわからない」と戸惑う担当者が多いそうだ。理想と現実の間にギャップがあることも1つの原因となる。理想的には企業内のデータを分析す [全文を読む]

大塚商会、統計家の西内啓氏インタビューを公開【実践ソリューションフェア2015のご案内】

PR TIMES / 2015年01月07日15時08分

~Featuring Seminar 2015~ 株式会社大塚商会は、ベストセラー「統計学が最強の学問である」の著者であり統計家の西内啓氏にインタビューを行い、その内容とセミナーの紹介記事「ビッグデータの謎と真の姿を解く」を公開しました。( http://www.otsuka-shokai.co.jp/event/jsf/tokyo/outline.php [全文を読む]

「統計学が最強」の西内啓氏「パチンコには二度と行かない」

NEWSポストセブン / 2013年05月03日07時00分

『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社刊)の著者で、いま最も注目を浴びる統計学者の西内啓氏が、その魅力とカラクリについて語る。 * * *――西内さんが統計学から見出したゲームの法則などありますか?西内:子供のときに、じゃんけんをして勝って人が階段を進むことができる「グリコ遊び」をしたことがある人は多いと思います。あれにも負けない法則はあります。普通 [全文を読む]

日常の悩みを解決するヒントは学者たちの知恵にある!『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』マイナビ新書より3月23日(金)発売

PR TIMES / 2012年03月15日11時30分

--------------------------------------------------------------------- なぜいくらがんばっても給料が上がらないのか?→「経済成長理論」で答えが出ている! なぜ、お金が貯まらないのか?→「行動経済学」で答えが出ている! どうすれば職場の人間関係はうまくいくのか?→「組織行動論」で答えが出て [全文を読む]

ビジネス界の賢者たちが選ぶ、オススメの一冊とは?「ブックツリー」がリアル書店に登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月24日15時00分

12人のビジネス賢者とブックツリーのタイトルを紹介! ・細谷功(ビジネスコンサルタント)「『イノベーション』『オペレーション』の二律背反に挑戦する」 ・名和高司(経営コンサルタント)「自社の未来戦略を考える」 ・今枝昌宏(ビジネスコンサルタント)「戦略論の深化を読む」 ・高田直芳(公認会計士)「マジメに学ぼうとするから嫌いになる」 木下斉(エリア・イノベ [全文を読む]

進化するテクノロジーと高まるサイバーリスクにどう向きあうか

Forbes JAPAN / 2016年09月02日17時00分

<パネリスト>・乾健太郎/東北大学大学院 情報科学研究科 教授・河本薫/大阪ガス ビジネスアナリシスセンター 所長・西脇資哲/日本マイクロソフト エバンジェリスト・業務執行役員・西内啓/データビークル 取締役・勝山公雄/PwCコンサルティング シニアマネージャー<モデレーター>・矢矧晴彦/PwCコンサルティング パートナー■サイバー攻撃IoEやAIは、高い [全文を読む]

ピースオブケイクが「GINZA」の公式Webサイト「GINZA Web」リニューアルの技術協力をしました

DreamNews / 2016年04月19日09時00分

■cakes(ケイクス)発の書籍の一例: 30万部を突破した『統計学が最強の学問である』(西内啓・著)や『ゼロ』(堀江貴文・著)、100万部突破した『嫌われる勇気』(岸見 一郎 、古賀 史健 ・著)、その続編で32万部を突破した『幸せになる勇気』(岸見 一郎 、古賀 史健・著)等々があります。WebサイトURL :http://cakes.muiOSアプリ [全文を読む]

堀江貴文氏の新刊『君はどこにでも行ける』、発売前重版決定!

DreamNews / 2016年03月24日18時00分

■cakes(ケイクス)発、書籍例30万部を突破した『統計学が最強の学問である』(西内啓・著)や『ゼロ』(堀江貴文・著)、100万部突破した『嫌われる勇気』(岸見 一郎 、古賀 史健 ・著)、その続編で32万部を突破した『幸せになる勇気』(岸見 一郎 、古賀 史健・著)等々があります。WebサイトURL :http://cakes.muiOSアプリ :h [全文を読む]

世界的ヒット「獺祭」生んだデータ分析はパート女性?データサイエンティストは不要?

Business Journal / 2015年10月07日06時00分

日本でも、『データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」』(ディミトリ・マークス、ポール・ブラウン/日経BP社)や『統計学が最強の学問である』(西内啓/ダイヤモンド社)などの本がベストセラーになったこともあり、データサイエンティストという職業を見聞きしたことがある人も多いだろう。 数年前、グリーやディー・エヌ・エーなどがプログラマに高額な報酬(新卒年収最大1 [全文を読む]

新しくなったpg_monzでPostgreSQLのクラスタを監視する

CodeZine / 2015年08月12日14時00分

図2 セットアップ直後のZabbixダッシュボード 中西 剛紀(TIS株式会社)[著] 【関連記事】 ・N+1問題を回避せよ! LINQから出力されるSQLを見てみよう&遅延ローディングの光と闇 ・R言語のデータ分析レポートをShinyでインタラクティブにしてみる~「アプリケーション作成編」 ・R言語のデータ分析レポートをShinyでインタラクティブにし [全文を読む]

【アドバイザー就任】不振Jリーグがすがる「ホリエモン」は救世主か疫病神か?

デイリーニュースオンライン / 2015年08月08日09時00分

A.T.カーニー社日本法人会長パートナーの梅澤高明氏、IGPI代表取締役の冨山和彦氏、データビークル取締役の西内啓氏、慶應義塾大学政策・メディア研究科特別招聘教授の夏野剛氏、そして堀江貴文氏……あのホリエモンである。 ホリエモンは毒となるか薬となるか さすがホリエモンと言うべきか。早速、堀江流改革案をぶち上げている。 「サッカー専用スタジアム所持を、J1昇 [全文を読む]

Jリーグが堀江貴文氏らとアドバイザー契約締結へ

ゲキサカ / 2015年07月23日10時27分

Jリーグは21日、理事会を開催し、梅澤高明氏、冨山 和彦氏、夏野剛氏、西内啓氏、堀江貴文氏とアドバイザー契約を締結することを承認したと発表した。今回の契約締結により、各アドバイザーからJリーグが推進する各プロジェクトへの助言や提言をいただくという。 以下、各アドバイザー経歴(敬称略)●梅澤高明(うめざわ たかあき)■所属A.T.カーニー株式会社 日本法人会 [全文を読む]

まとめてチェック! 2014年に話題となった技術トピック ~Swift、Docker、AngularJS…… CodeZineの人気記事で振り返る

CodeZine / 2014年12月25日13時00分

『【西内啓氏 × ミック氏】 データエキスパート対談 これからは分析を意識したデータマネジメント力がエンジニア全員に必要になる』 『ソフトウェアを「正しく作る」vs「作らない」どっちが正解? サーバーワークス大石氏、ギルドワークス市谷氏対談』 『受託開発は「納品」をなくせばうまくいく? なくさなくてもうまくいく? ソニックガーデン倉貫義人氏、グロースエク [全文を読む]

すぐチェック!貴女の「貯金が増えない理由」がわかるたった2つの質問

BizLady / 2014年11月16日19時00分

行動経済学者たちは、これを“心の会計”と呼ぶそうなのだが、いったいどういうことなのだろうか? 今回は、コンサルタント・西内啓氏の著書『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』(マイナビ新書)を参考に、今よりもっとムダ遣いを減らし、お金が貯まりやすくなるための考え方をご紹介しよう。 ■1:落とし穴にハマっているかを確認する2つの質 [全文を読む]

カリスマ性は不要!働く女性が目指すべき「リーダー」の4つのパターン

BizLady / 2014年11月14日21時00分

そこで今回は、コンサルタントの西内啓氏の著書『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』を参照しつつ、働く女性が目指すべき4つのリーダー像をご紹介していこう。 ■1:具体的な指示がうまいリーダー いつ何をすべきか等のスケジュールや、具体的タスクなどの達成方法を、部下に対し具体的な指示が出せるタイプだ。 こうしたタイプが部下に提供で [全文を読む]

アシスト、商用DBからOSS-DBまで、データベースの“今”がわかる1dayセミナーを開催

@Press / 2014年10月21日15時00分

また特別講演では、統計家の西内啓氏が『本当に価値を生むためのデータ分析の考え方』と題し、従来の「どう分析するか」から一歩踏み出し「何を分析するか」「分析結果をどう活かすか」を統計学の視点から紹介します。----------------------------------------------------------------------■開催概要--- [全文を読む]

eBookJapanが日経BP社の電子書籍を配信開始!日経BP社全書籍とビジネスの世界を描いたお薦めマンガをポイント20倍!

PR TIMES / 2014年06月24日15時19分

(著:小田嶋隆)・あきらめない(著:村木厚子)・日本人はどう住まうべきか?(著:養老孟司 著:隈研吾)・日経新聞の「本当の読み方」がわかる本 ニュースを関連づければ知識に変わる (著:小宮一慶)・一生の仕事が見つかるディズニーの教え(著:大住力)・仕事に必要なことはすべて映画で学べる 会社に使い倒されないための9の心得(著:押井守)・モナ 本当の私(著:中 [全文を読む]

【電子書籍アワード2014】 電子書籍大賞は『進撃の巨人』に決定!

PR TIMES / 2014年03月31日09時33分

」●小説部門 第1位『オレたちバブル入行組』 『オレたち花のバブル組』(池井戸潤/文藝春秋)●ライトノベル部門 第1位『はたらく魔王さま!』(和ケ原聡司/KADOKAWA アスキー・メディアワークス)●教養・雑学部門 第1位『統計学が最強の学問である』(西内啓/ダイヤモンド社)●趣味・実用部門 第1位『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵/サンマーク出 [全文を読む]

国民全員をデータサイエンティストに 『1億人のための統計解析 エクセルを最強の武器にする』 3月24日刊行

PR TIMES / 2014年03月24日12時43分

■「最強」の統計家の課題解決フレームワークの全貌を明らかに本書では、ベストセラー『統計学が最強の学問である』の著者であり、コンサルタントでもある西内啓氏のデータ分析による課題解決フレームワークを明らかにしました。「可能な限り短期間で、誰でもデータ分析能力の一端を身につけられるようにすること」をテーマに、営業、マーケティング、調達などビジネス業務上よくある課 [全文を読む]

フォーカス